TOP > 卵胎生メダカ > ソードテール、モーリー > ルビーアイ・紅白ソードテール

ルビーアイ・紅白ソードテール
画像提供:オオツカ熱帯魚

ルビーアイ・紅白ソードテール

学 名:Xiphophorus hellerii var.
通称名:アルビノ紅白ソード
英 名:Swordtail
分 布:改良品種
サイズ:8cm
Temp :22-28℃
pH  :中性~弱アルカリ性


今世紀初頭にシンガポールで発表されたソードテールの新品種で、真紅に染まる目の色と、紅白に染め分けられて体色からこのように呼ばれている。リリース当初と比べ、価格的に相当落ち着いたが、ソードテールの仲間としてはやや高価な部類だ。写真のノーマルタイプの他に、背びれが伸長しつつ、尾びれがライヤ状に伸長する「ルビーアイ・ハイフィンライヤ紅白ソードテール」も流通する。

解説は、レッドソードテールに順ずる。

関連記事
はじめての熱帯魚[第6回] ネオンソードテール



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。