ヘアアレンジに欠かせない!ルーズでオシャレな崩し方のコツ

“つくりこみ過ぎない印象”と“こなれ感”が出せるルーズアレンジは、今っぽい雰囲気になれると大人気。ただ、一歩間違えるとボサボサに見えてしまったり、老けた印象を与えてしまったり、意外とバランスが難しい……と感じたことはありませんか?

そんなよくあるお悩みも、崩し方のコツさえ覚えてしまえば一気に解消。誰でも上手にヘアアレンジが楽しめます!今回は人気のくるりんぱと三つ編みをベースに、基本の崩し方を紹介します。
hair make WAKO

hair make WAKO


 

ベースのスタイル 

鎖骨下のミディアムレイヤー。毛先をワンカール巻いておくとアレンジしやすい
鎖骨下のミディアムレイヤー

鎖骨下のミディアムレイヤー


 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:すべてOK
毛量:やや少ない~多い
クセ:なし~ややあり

 ヘアアレンジの方法・髪の崩し方

表面の髪を26ミリのアイロンで巻く

表面の髪を26ミリのアイロンで巻く


1. 表面の髪を26ミリのアイロンで根元から毛先まで巻きます。表面を巻いておくとトップにボリュームが出て、くしゅっとした質感になります。

一回に巻く毛束はこれくらいを目安に

一回に巻く毛束はこれくらいを目安に


2. 表面の髪を巻く際は、うすめにスライスをとると根元からクセがつきやすくなります。
ハチ上の髪をV字にブロッキング

ハチ上の髪をV字にブロッキング

3. ハチ上の髪をV字にブロッキングします。ざっくりと分けとるとナチュラルな仕上がりになります。
根元から少し離して結ぶと、くるりんぱしやすい

根元から少し離して結ぶと、くるりんぱしやすい


4. 3で分けとった髪をシリコンゴムで結びます。くるりんぱをして、左右に引っ張りたるみをとります。
正面から確認して親指と人差し指で少しずつ引っ張ると良い

正面から確認して親指と人差し指で少しずつ引っ張ると良い


5. トップの髪を引っ張り、高さを出します。まずはトップの高さを決めることが大切です。片方の手で結び目をおさえ、トップに丸みが出るように少しずつ引っ張ります。正面から確認して親指と人差し指でつまんで引き出しましょう。
親指と人指し指でちょこっとつまんで引っ張るイメージ

親指と人指し指でちょこっとつまんで引っ張るイメージ


6. 結び目の方から少しずつ引っ張ります。片方の手で結び目をおさえ、左右のねじれから3~4束ずつ引っ張ります。
6よりも控えめに引っ張ると良い

6よりも控えめに引っ張ると良い


7. 6と同様に中間の部分を引っ張ります。2~3束目安です。
やわらかくルーズな印象に

やわらかくルーズな印象に

8. 少しずつ引っ張ることでやわらかい印象になります。
キツめに編んでおくとモチが良くなる

キツめに編んでおくとモチが良くなる


9. くるりんぱした毛束とハチ下の髪を二等分して、三つ編みをします。毛先ギリギリまで編んだらシリコンゴムで結びます。

三つ編みの根元側から少しずつ引っ張る

三つ編みの根元側から少しずつ引っ張る


10. 三つ編みは、編みはじめの根元の方から少しずつ、崩していきます。片方の手で編み目をおさえ、親指と人指し指でちょこっとつまみ、三つ編みの端を引っ張ります。
同じ要領で逆側を崩し、左右交互に引っ張る

同じ要領で逆側を崩し、左右交互に引っ張る


11. 10と同様に逆側を引っ張り、左右交互に崩していきます。
ルーズなヘアアレンジの完成

ルーズなヘアアレンジの完成


12. 10~11の工程を交互に繰り返し、上から下に崩していきましょう。三つ編みの端を少しづつ引っ張ることで、やわらかい印象になります。

 上手く仕上げるポイント

上手に崩しておくと、どんなスタイルでもやわらかい印象のまま、イメージチェンジができます。三つ編みをお団子風に片サイドでまとめると、大人カジュアルな印象になります。
おだんごヘア

hair make WAKO


 正面&サイド

髪の崩し方と引き出し方

hair make WAKO



髪の崩し方と引き出し方

hair make WAKO


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。