ギネス認定! 世界最大のビール博物館「マイゼル&フレンズ醸造所」

maisel2

バイロイトの人気観光スポット。ビール博物館が併設された「マイゼル&フレンズ醸造所」

バイロイトは人口7万人ほどの小さな街ですが、リヒャルト・ワーグナーや世界遺産の「辺境伯歌劇場」などで知られる音楽の街。世界中のオペラファンが憧れるワーグナー音楽祭は最低8年間は応募し続けなければチケットが手に入らないというほどの人気です。そして、この街が誇るもうひとつの名物がビール。バイロイトは知る人ぞ知る「ビールの街」でもあるのです。

maisel3

驚くほど広大な敷地に建つ醸造所

バイロイトとその周辺には醸造所が200以上もあるといわれていますが、ビールファンなら一度は訪ねてみたい人気観光スポットが「マイゼル&フレンズ醸造所」。ここは醸造所であると同時に、ギネスブックに「世界最大のビール博物館」として認定された体験ワールドと、100種類以上ものビールが飲める巨大レストランが併設された、ビールの一大テーマパークなのです。

 


ビールのテーマパークで学ぶ&飲む!

maisel5

グラスやジョッキ、コースター、看板などビールに関する膨大なコレクションは見応えたっぷり

maisel1

歴史的にも貴重な機械類

世界最大というだけに、敷地面積はじつに4500平方メートルという広さ。ここでは麦芽粉砕から麦汁煮沸、発酵、樽熟成までのビール醸造の様子を見学することができます。そのほか歴史的なビール造りの機械の展示や、5500種以上ものビールグラスやジョッキを集めた部屋、コースターや看板のコレクションなど、ユニークで幅広い展示内容はまさにギネス級。見学の最後にはビールの試飲付きです。

100種類のビールと料理が自慢のレストラン

maisel9

美味しい食事とビールが味わえるレストラン。写真のビールは左からPale Ale,Indian Ale, Choco Porter

併設のレストラン「Liebesbier」では、21種類の生ビールを含む100種類ものビールが楽しめます。マイゼルといえばヴァイツェンビアの「マイゼルス・ヴァイセ」が有名ですが、いま注目されているのが、同社が最近力を入れているというクラフトビール。モダンでかっこいい内装の店内や、ドイツ郷土料理からインターナショナル料理まで、バリエーション豊富で美味しい食事も特筆すべき点です。

今回ガイドは、前菜・メイン・デザートと、それぞれの料理に合うおすすめのビールを堪能しました。

<メニュー例>
maisel7

ジューシーなステーキに、コクのあるビールを合わせて

前菜:鱒の燻製、ホースラディッシュ添え
ビール:Maisel&Friends Pale Ale……レモンのような香りの爽やかなビール

メイン:フランケン産シャロレ牛のステーキ
ビール:Maisel&Friends Indian Ale……フルーティでありながらも苦みと深いコクが特徴の飲みごたえのあるビール

デザート:フレッシュフルーツと苺のアイスクリーム
ビール:Maisel&Friends Choco Porter……名前のごとく、ほんのりカカオの風味を感じる黒ビール

maisel8

醸造所に併設のおしゃれなレストラン

料理は盛り付けも美しく、どれも絶品。伝統的なビアレストランとはひと味違うおしゃれな雰囲気のなか、ビールと食事をじっくりと味わえるレストランです。

ドイツのビール造りの歴史や醸造工程を学べるだけでなく、多様なビールを味わうことができるマイゼル醸造所。進化し続けるドイツビールの世界をぜひ体験してみてください!

 

こちらの記事も参考にどうぞ>>>ドイツでビール三昧の旅。おすすめルートはこれだ!

<DATA>
Meisel’s Bier Erlebniswelt(マイゼルビール博物館)
住所:Kulmbacher Str. 40 95445 Bayreuth
TEL: 0921-401234
営業時間:14:00~18:00
入場料:大人8ユーロ(ビール試飲付き)
アクセス:バイロイト駅から徒歩20分。バスの場合は306番に乗りKulmbacher Str. 停留所で下車

Restaurant Liebesbier(レストラン)
住所:Abdreas-Maisel-Weg 1 95445 Bayreuth
TEL:0921-46008020
営業時間:11:00~24:00

取材協力:ドイツ観光局


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。