クールに魅せる「リキッドアイライナー」の使い方

リキッドアイライナーは描くのが難しいと敬遠している人も多いのでは? そんなリキッドタイプには、上手に描けると存在感のあるラインが長持ちするという利点があるのです。失敗しないためのポイントは、「目尻」を起点に描きはじめること。コツをつかめば意外と簡単なので挑戦してみましょう。


1.目尻の際にラインを引く
目尻の際、外から内に向かって1cmほどのラインを描きます。外側の方が高くなるように斜めにオン。

2.目頭から一気に描く
目頭から目尻に向かって、すーっと一気にラインを引き、最初にひいた目尻のラインとつなげます。

3.目尻を切れ長に
ラインが乾いたら目を開け、1の終点から力を抜くようにスッとラインを描きます。

4.隙間を埋める
筆の先端を使い、まつ毛の生え際で肌色が残っている部分を埋めます。まぶたを持ち上げ、まつげの生え際が見えるようにすると上手くできます。


目尻に入れた「終点ライン」がお役立ち

最初に入れる目尻の印が、ラインを引く際の目安に。その終点の印を描くときに、まっすぐ入れるとタレ目になってしまうので斜めに描きます。この印さえあれば、心置きなくラインを引いて、根元を最後に埋めれば美しい仕上がりに。

ラインが際立ってすっきりクールな目元に。デキる女性を印象づけて!

ラインが際立ってすっきりクールな目元に。デキる女性を印象づけて!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。