【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

後悔したことがない人は少ない

もう恋愛で後悔しない!

もう恋愛で後悔しない!

「あのときに、勇気を持っていれば…」「もっと優しくすればよかった」
恋愛で後悔をしたことがない人は、ほぼいないでしょう。

恋愛で後悔をしないために心がけたことがいいことは何でしょうか?
ここでは多くの人が後悔をもつパターンをふまえて、紹介します。

 

後悔1:「告白をすればよかった」

「あのときもう少し勇気があれば、好きだと伝えられたのに!」と後悔している人は意外といます。

でも、今はもう相手に会えなくなってしまっていたり、向こうには恋人ができてしまったり……。恋愛にはタイミングは重要なので、ここぞ! というときに、きちんと行動を起こさないと、チャンスを逃してしまうのです。

そんな後悔をしないためにも、自分の思いは相手にきちんと伝えることは大切です。
自分の温めてきた愛情を相手に伝えることができると、たとえフラれたとしても、気持ちはスッキリするし、最終的には諦めもつくもの。

逆にきちんとフラれないと、いつまで経っても、「もしあのとき告白していたら、違う未来があったのかもしれない」なんて希望的観測で物事を見て、その恋を終わらせることができない場合もあるのです。

「告白されたら、相手が迷惑だと思うから……」なんて言いがちですが、それは勇気がない自分に対する言い訳に過ぎません。
基本、人は告白されて嫌な気持ちになる人はいません。「あなたを好きです」と言われることは、自分の魅力を認めてもらっていることにもつながりますしね。

もちろん、愛情に見返りを求めたら、相手にとって迷惑行為になることもあるのでご注意を。
本当の愛は求めるものではなく、与えるもの。「ちゃんと相手を好きになる」ことは大事ですよ。

たとえフラれたとしても、それまでの間にお互いの信頼関係ができていたら、恋人として付き合えなくても、そこから友達になることだってできます。
もし告白して、縁が切れるような相手であれば、それまでの縁です。縁がなければ、仕方がありませんよね? それはそれで、諦められるものでしょう。

後悔しないためにも、勇気を持って、好きになった人のことをもっと信じて、気持ちを伝えてみましょうね。

次は、恋人と別れた後に後悔しがちなことです。次のページで紹介します。