方法2:ちゃんと好きになる

相手のこと、ちゃんと好きになっている?

相手のこと、ちゃんと好きになっている?

よく「片思いで苦しい」と言う人がいます。
でも、それは片思いではなく、“自分思い”ではありませんか?


「相手を自分の思い通りにしよう」と思うから苦しむのであって、それって自己愛ですしね。

本当の愛は、無償であり、相手に求めるのではなく、自分が与えるもの。さらに言えば、「相手がHAPPYなら、自分もHAPPY」と思えることです。

逆に、本当に相手のことを愛せる人がいたら、ただただ相手を愛し、そんなに愛せる人がいること自体に幸せを感じます。相手を好きだから苦しい、ということはありません。

つまり、“自分思い”が強ければ強いほど、相手への愛情がニセモノであればニセモノであるほど、人は苦しむのです。

さらに言えば、片思いの人は、すぐに相手への気持ちを断ち切ろうとしがちです。
でも自分の感情をコントロールするのは容易いことではありません。だから、苦しみます。

実際は、片思いでもその思いを断ち切る必要はありません。好きなら好きでいればいいのです。その代わり、相手に愛情を求めるような自己愛ではなく、本当に相手を好きになった方がいいのです。

では、人をきちんと好きになるためにはどうしたらいいのでしょうか?
それは、まずは「自分をきちんと愛すること」です。
現実的に自分を愛せていない人は、人を愛する余裕などないからです。

実は、「方法1」と「方法2」はちょっとつながっています。
自分をきちんと愛することができる人は、自分の幸せを願うので、片思いで苦しめる相手とは距離を空け、もっと幸せになろうとします。
自分を本当の意味で愛することで、行動も変わってくるんですよね。

ただ、現実的には、片思いの苦しさから抜け出したい人は、「執着を捨てる」ことも「無償の愛を持つ」ことも望んでいないことが多いもの。

結局は、次に紹介する「方法3」を求めていることが多いのです。次のページをご覧下さい。