タイルは、水まわりの壁や床に用いる素材として身近な素材。耐候性、防水性に優れ、メンテナンスが楽なのも特徴です。デザインバリエーションが豊富で、好みに合わせコーディネートを楽しむことができるのも大きな魅力でしょう。最近では、水まわりはもちろん居室にもインテリアのアクセントとして取り入れるケースも増えてきています。ここでは、インテリアにタイルを用いる場合のポイントをまとめました。

洗面台やトイレ、キッチンなど水まわりのカウンター前に

優しい色の中ににかすかに浮かぶ繊細なレリーフと丸形状がかわいらしいタイルを洗面ボウル前に配して。undefined[インテリアモザイクundefinedポンポンネット]undefined LIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

優しい色の中ににかすかに浮かぶ繊細なレリーフと丸形状がかわいらしいタイルを洗面ボウル前に配して。 [インテリアモザイク ポンポンネット]  LIXIL

最近の水まわりは、システムバスや洗面化粧台などを取り入れるプランが多いため、床や壁全面にタイルを使用する、というよりは、ポイントとしてタイルを用いるケースが増えてきているようです。

多くみられるのは、洗面ボウルやトイレの手洗器を設けたカウンター前などにアクセントとして取り入れるケース。細かなモザイクタイルや照明の光で変化するようなタイルなどのプランがみられます。また、キッチンのカウンター前にも使用するケースも。欧米のキッチンのような空間づくりが可能でしょう。

コーディネートのポイントは、たとえば、キッチンカウンター前などに用いるのであれば、キッチンキャビネット扉やカウンター素材とのバランスを。オープンなキッチンであれば、リビング・ダイニング空間とのコーディネートも忘れずに。洗面室やトイレのカウンター前などに取り入れる場合も、カウンターや収納キャビネット素材を考慮して。洗面ボウルと同系色でまとめたり、逆に際立たせるような色を選んでもいいでしょう。

リビングや寝室には、機能性を持たせたタイルでも

アクセント色を散りばめた表情豊かなモザイク。彩度を抑えたカラーバリエーションが落ち着いた雰囲気をつくる。undefined[内装機能建材undefinedエコカラットGシリーズ ラグジュアリーモザイク]undefinedLIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

アクセント色を散りばめた表情豊かなモザイク。彩度を抑えたカラーバリエーションが落ち着いた雰囲気をつくる。 [内装機能建材 エコカラットGシリーズ ラグジュアリーモザイク] LIXIL 

リビングや寝室、子供部屋などの居室に取り入れる場合、快適な空気環境を生み出す機能を持つタイルなども注目されています。たくさんの微細な孔を持たせることで、部屋の湿度を調整、結露やカビやダニの発生を抑えるもので、家族が日々過ごす部屋だけでなく、お客様を招く部屋やペットのいる空間などにも向いているでしょう。

多くみられるのは、居室の主となる壁やソファを背にした壁、ベッドヘッド側の壁に用いられるプラン。壁クロスと馴染むようなホワイト系やベージュ系だけでなく、個性的な色やモザイク調など、商品バリエーションも増えてきています。

取り入れる場合は、タイルとつながる壁部分の素材と同系色、もしくはグラデーションを持たせるなどして統一感のある空間とするか、アクセントとなるような色や柄を選び、印象的な空間を実現してもいいでしょう。

豊富に揃うタイルのデザイン傾向

■ポイント的にも用いやすい、個性的なデザインのモザイクタイル
和の表情が特徴のタイル。多彩な形状が揃うので、好みに組み合わせても。[インテリアモザイク 美釉彩]undefined LIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

和の表情が特徴のタイル。多彩な形状が揃うので、好みに組み合わせても。[インテリアモザイク 美釉彩]  LIXIL

タイルにはさまざまな大きさや形があり、100角、200角などが正方形(それぞれ100×100ミリ、200×200ミリ)や210角(100×200ミリ)といった長方形のタイプも。最近では、モザイクタイルと呼ばれる小型のタイルのバリエーションが豊富になり、さまざまなデザインがみられます。

モザイクタイルには、細かな四角のタイプだけでなく、長方形や丸などさまざまな形状があります。広い面積に用いてもいいですし、ポイントとして、ボーダー状に張ったり、部分的に取り入れても素敵でしょう。

■和の雰囲気や北欧デザインなど、ナチュラルな雰囲気を持つタイプが豊富に
最近のインテリアデザイン全体の傾向と同様に、ナチュラルな雰囲気のタイル素材が多くみられます。 undefinedナチュラルな素材感のカフェのような空間に。透明感のある釉薬が特徴。[スモーキートーン]undefinedLIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

ナチュラルな素材感のカフェのような空間に。透明感のある釉薬が特徴。[スモーキートーン] LIXIL

最近のインテリアデザイン全体の傾向と同様に、タイルも、ナチュラルな雰囲気を持つタイプが多くみられます。

シンプルな空間にも馴染む、和の雰囲気を持つもの、人気が続いている北欧デザインを思わせる色使いのタイルなども増えてきています。また、憧れる方も多いカフェのような空間を実現できる、優しい光沢のあるパステル調のタイルや素朴なテクスチャーを持つタイプなどもみられます。

無地はもちろん、表面に模様を施したものやモザイクタイルなどがシリーズ化されてのものあるので、さまざまな組み合わせを楽しむことができるでしょう。

■ガラスやミラーなど異素材のタイルで印象的な空間に
特徴ある形状のガラスモザイクとタイルのミックス。落ち着いた色合いは、リビングや玄関のアクセントにも。[ミックスモザイクundefinedコロリート]undefined LIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

特徴ある形状のガラスモザイクとタイルのミックス。[ミックスモザイク コロリート]  LIXIL

一般的な陶磁器のタイルだけでなく、ガラスやミラー、石材などを用いたタイプのバリエーションも豊富になってきています。光沢のあるタイプやマットなタイプも揃っていますし、陶磁器タイルとガラス、ガラスと大理石など、異素材を組み合わせた商品も多くみられます。

ガラスやミラーを用いたタイプは、太陽や照明の光によって輝いたり、色が微妙に変化するなど、空間を印象的に仕上げることができるのが魅力。ひとつの壁面に用いたり、部分使いをすることで、空間のポイントともなるでしょう。

目地色の選び方でも空間の印象は変わる

パステルカラー4色とスタイリッシュなダークカラー4色をラインアップ。[内装目地材undefinedインテリアカラー目地]undefinedLIXILundefinedhttp://www.lixil.co.jp/

パステルカラー4色とスタイリッシュなダークカラー4色が揃う。[インテリアカラー目地  使用タイル:ガラスモザイク 目地:パステルピンク] LIXIL

タイル素材そのもののデザインに配慮することも大切ですが、タイル目地にもこだわりたいもの。最近では、色(カラー)目地の種類も増えてきており、タイルとコーディネートすることで、個性的に仕上げることも可能です。


タイルを選ぶ際には、ショールームや見本を取り寄せるなどして、必ず実物で確認すること。壁に使用する場合は、タイルを立てかけて色味や光による変化などのチェックを。機能を持つタイルは、商品によって、その効果はさまざまなので、具体的な機能、期待できる効果など、充分に確認しておくことも大切です。


【関連記事】
内装タイルの基礎知識
機能タイルの基礎知識-内装編-
機能タイルの基礎知識-外まわり編-
玄関土間・玄関ポーチタイルの基礎知識
内壁材の種類と特徴/クロス、塗壁、タイルetc.
壁クロス(壁紙)の基礎知識
内装材 塗り壁の種類と特徴
天井材の種類と特徴 基礎知識
ホテルのようなバス・サニタリー空間をつくる方法
ペットと快適に暮らすための床材・壁材の選び方





匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。