エアコン代の節約にはフィルター掃除と扇風機の併用が有効 

では、ここまでやってもやはり暑さ寒さをしのげずエアコンを使用する場合。冷房時期でも暖房時期でも、外気の遮断に気をつけることが大切です。カーテンを床までつく長さにし、エアコンでせっかく冷やしたり温めたりした部屋の温度を逃がさないようにします。

エアコンのフィルター掃除も大切です。ホコリなどでフィルターが目詰まりしていると、健康にもよくありませんし、エアコンの性能が落ちてしまいます。フィルターが目詰まりしているエアコン(2.2kw)と目詰まりしていないエアコンで比較すると年間で電気代が約700円違ってくるという数値も出ています(省エネルギーセンター調べ)。エアコンの使用頻度にもよりますが、月に1~2回を目安にフィルターの掃除をするようにしましょう。

エアコンと共に使用すると効果があるのが扇風機です。扇風機は電気代が1時間1円以下と家電の中でも比較的消費電力が少ないものです。人間は風が直接身体にあたると体感温度が約2℃違ってくると言われています。エアコンを冷房で使用する時には設定温度を高くし、扇風機との併用をする。また暖房時期は部屋の上部に上ってしまった温かい空気を部屋全体に効率よくまわるように、扇風機を併用しましょう。

このように少し気をつけるだけで、消費電力が高いエアコンも節約することが可能です。まずは、エアコンを使わないでもいい環境をづくりを心がけ、次の段階で効率よくエアコンを使用する方法を身につけて、省エネを心がけましょう。

【関連記事】
サーキュレーターや扇風機を使ってエアコンの節電
簡単!緑のカーテンで省エネ対策
電気代の節約術





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。