最近人気のサーキュレーター。エアコンの節電に繋がる

最近人気のサーキュレーター。エアコンの節電に繋がる

省エネやエコ、節約と言われるようになってから、ここ数年で家庭用のサーキュレーターも注目されるようになりましたね。家電量販店などでは扇風機とサーキュレーターが同じ数程度、並んでいます。

エアコンの電気代節約術」の項で、扇風機を使用しての節約方法を簡単に紹介しましたが、サーキュレーターや扇風機を上手に使うと、エアコンの節電に繋がります。今回は新たにサーキュレーターについての紹介とサーキュレーターや扇風機を利用してエアコンの電気代を節約する方法を詳しく紹介します。


サーキュレーターとは?

そもそもサーキュレーターとは何でしょう。物を見るとわかっても、サーキュレーターという名前に聞き覚えのある方は少ないかもしれません。サーキュレーターとは室内の空気を循環させることを目的として作られているものになります。形を一言で言うと、扇風機の首の短いものになります。しかし最近の売り場では、ひとまとめに扇風機として売られている場合もあります。

サーキュレーターのお値段も色々ですが、量販店に多く並んでいる価格帯は
  • 首振りせず、リモコン無し 2000円前後
  • 首振りして、リモコン無し 3000円前後
  • 首振りして、リモコン有り 4000円前後 
程度のお値段で、比較的入手しやすい価格帯です。

これにマイナスイオン発生や静音設計されているなどの付加価値があると、お値段も高くなってきます。


サーキュレーターの電気代

サーキュレーターをエアコンと併用するとなると、サーキュレーター自体の電気代も気になるところですが、一般的に多く出回っているサーキュレーターの消費電力は30Wなので、1時間の電気代は約0.6円となります(21円/kWhで計算 ※1)


サーキュレーターの静音性

サーキュレーターは強風を送るため、振動音が気になる場合もあります。音は人によって体感が違うため、気になる方は一度お店などで確認してみるとよいでしょう。また最近のサーキュレーターでは静音設計されているものもあるので、お値段は多少しますが、気になる方は静音設計されているものを選ぶという選択肢もあります。

では、サーキュレーターと扇風機はどう違うのでしょう? >>