高級チョコの代名詞、「ゴディバ」のトリュフコレクション

「高級チョコレートといえば?」という質問に、多くの方が「ゴディバ」と答えます。それほどまでに日本で高級チョコレートの代名詞として浸透している「ゴディバ」。私も子どもの頃、はじめて食べた「ゴディバ」の味に、こんなに上品なチョコレートがあるんだ、という驚きとともに、心躍らせた記憶があります。皆さんはいかがですか?

ゴディバの数あるチョコレートの中でも、私は出会った頃からトリュフが好き。ゴディバ独特の、あの独特の大粒のトリュフをがりっと大胆に、口いっぱいにほおばると、私は不思議と元気になるのです。

今回は、ゴディバのトリュフについて書いてみたいと思います。2016年8月25日発売の90年に1度のトリュフの記念コレクションには注目です。また、ゴディバ創業の地、ブリュッセルを訪れた際に伺った、興味深いストーリーも、あわせて皆さんにご紹介しますね。

トリュフ コレクション アニベルセル

2016年はゴディバ創業90周年の年。2016年2月には、ベルギーのブリュッセルに、世界中からゲストが招かれ「90周年アニバーサリーパーティ」が盛大に開かれました。

そのパーティで発表されたのが90年を記念したスペシャルなコレクション「ゴールド コレクション アニベルセル」。そしてトリュフファンのための「トリュフ コレクション アニベルセル」。私もパーティ会場を訪れていましたが、これらの最新コレクションは、世界中のゲストから祝福され、注目を集めていました。このコレクションがいよいよ日本でも販売開始です。
トリュフ コレクション アニベルセルundefined※2016年8月25日~2017年3月15日まで販売

トリュフ コレクション アニベルセル ※2016年8月25日~2017年3月15日まで販売

美しいパッケージデザインは、ベルギー出身のアーティスト オリ・ビー(Oli-B)によるもの。ゴディバの未来を祝福する花火のように煌びやかです。

チョコレートは、最新作の「マルチテクスチャー」トリュフ3種をはじめ、「クラシック」なトリュフ3種、「ムース」がセンターに入ったトリュフ3種、合計9種のトリュフです。

「トリュフ コレクション アニベルセル」を彩るトリュフ9種

90年に1度の注目のトリュフコレクション「トリュフ コレクション アニベルセル」を彩る、9種類のトリュフをご紹介します。

【マルチテクスチャートリュフ3種】

最新の「マルチテクスチャー」トリュフ3種

最新作である「マルチテクスチャー」トリュフ3種 ※写真左から「トリュフ ラズベリー&ローズ」「トリュフ エクラ ショコラ」「トリュフ ピスターシュ クロッカン」

2016年の最新作である「マルチテクスチャー」トリュフは3種。カリカリとした食感の素材とふんわりとしたムース、テクスチャーの違いを表しているのが特徴です。

●トリュフ ラズベリー&ローズ
「ラズベリーローズ」はゴディバ90周年の記念フレーバー。一口でぱっ、と気分が華やぎ、センターの 明るいラズベリー色も元気をくれます。ラズベリーの中にローズが香る、やわらかいムースをミルクチョコレートコーティング。クランチーなドライラズベリーとチョコレートフレークをまとっています。

●トリュフ エクラ ショコラ
カカオニブのフルーティな風味と、クリスピーな食感。チョコレートの素材であるカカオの魅力を前面に出しています。センターはガーナ産カカオを使用 した64%ダークチョコレートとクリーミーなヘーゼルナッツから作ったふんわりと優しいムース。ダークチョコレートで包み、クリスピーなチョコレートフレークでコーティングしています。

●トリュフ ピスターシュ クロッカン
ピスタチオの風味と食感を楽しめるトリュフです。ブリュッセルで行われたパーティで一足先に味わい、新しいフレーバーと食感が印象に残っていました。ピスタチオムースのやわらかさと香り、カリカリにキャラメリゼしたピスタチオとパフライスが周囲に。ダークチョコレートコーティングです。

【クラシックトリュフ3種】
ゴディバで初めて「トリュフ」を生み出したのは、ゴディバ初代ショコラティエであるピエール・ドラップスです。

当時は第二次世界大戦直後で、バターやチョコレート、バニラは大変貴重なものでした。そのような時代にも、人々を喜ばせたいというドラップスシェフの強い思いから、トリュフは生まれたのです。
ゴディバの「クラシック」なトリュフ3種

ゴディバの「クラシック」なトリュフ3種 ※写真左から「トリュフ トラディショネル」「トリュフ アメール」「トリュフ ペルレ ノア」

世代を超えて長く愛されてきた、クラシックなトリュフは3種。

●トリュフ トラディショネル
ゴディバのトリュフの中では世界で一番人気です。チョコレート好きな皆さんにはすでにお馴染みですよね。最初のショコラティエ ピエール・ドラップスのオリジナルレシピを再現。ミルクチョコレートムースをチョコレートで包み、ココアパウダーでコーティングしています。

●トリュフ アメール
カカオ分の高い(72%)ダークチョコレートフレークでコーティングしているのが特徴。クリーミーなダークチョコレートガナッシュをダークチョコレートで包んでいます。

尚、画像左と画像中央の「トリュフ トラディショナル」と「トリュフアメール」は似ているようで違いますよ。「トラディショナル」の方は外側がココアパウダー で、中はミルクチョコレートムース。「アメール」は外側がチョコレートフレーク、中はダークチョコレートガナッシュ。私は昔から両トリュフに親しみを持っています。

●トリュフ ペルレ ノア
この神秘的な黒いトリュフには、エピソードがあります。後半に書きましたので是非読んでくださいね(→黒い真珠 「トリュフ ペルレ ノア」のこと)。タヒチ産バニラを使ったペルー産ダークチョコレートガナッシュをダークチョコレートで包み、黒いココアパウダーでコーティングしているのが特徴です。

【ムース3種】
「ムース」が入ったトリュフ3種

「ムース」が入ったトリュフ3種 ※写真左から「トリュフ ムース 抹茶」「トリュフ ムース ドゥレ」「トリュフ スペキュロス」

ふんわりとしたムースがセンターに入ったトリュフは、日本でもファンが多いシリーズ。この中から人気の3種がセレクトされています。

●トリュフ ムース 抹茶
抹茶ムースをミルク&ダークチョコレートで包み、抹茶パウダーで飾りつけています。日本でも海外でも人気のトリュフです。

●トリュフ ムース ドゥ レ
ナッティな風味を持つベネズエラ産カカオを使用した43%ミルクチョコレートムースを、ミルクチョコレートで包み、ココアパウダーでコーティングしています。

●トリュフ スペキュロス
私はこのトリュフが好きで、時々とても食べたくなることがあります!ベルギーの伝統的なお菓子「スペキュロス」の風味。シナモンが香るスペキュロスムース をミルクチョコレートで包み、サクサクとしたスペキュロスフレークでコーティングしています。スペキュロスは私の中のベルギーの香り。スペキュロスとチョコレートの組み合わせが私はとても好きなのです。

トリュフ コレクション アニベルセル 9粒入3,996円(税込)

トリュフ コレクション アニベルセル 9粒入3,996円(税込)

6粒入、9粒入、12粒入は2017年3月15日までの販売、18粒入のスペシャルボックスは2016年12月31日までの販売です。

クリスマス、年末年始、そしてバレンタインシーズンにもふさわしい上品さ、華やかさがあります。

黒い真珠 「トリュフ  ペルレ ノア」のこと

ここからは、今回のコレクションに入っている、ひとつのトリュフについて書きます。「黒い真珠」という名の、漆黒のトリュフ。私は初めて出会ったときから、このトリュフのことが気になっていました。出会ったのはゴディバ誕生の地、ブリュッセルでのことです。

ブリュッセル滞在中、ある方にこのトリュフの存在を教えていただき、すぐにグランプラス広場にある本店で1粒買ってみました。手にとって、口にすると、これまでにないトリュフの存在感。私はすぐに色々なことが気になりはじめました。何故この色?何故このお味?ミステリアスにも感じられる、真っ黒なトリュフ。その由来が知りたくなったのです。
サブロン広場にあるゴディバのブティックでは「トリュフ ペルレ ノア」を1粒から購入できる

サブロン広場にあるゴディバのブティックでは「トリュフ ペルレ ノア」を1粒から購入できる

ブリュッセルでは、このトリュフをお作りになった、ゴディバのグローバルエグゼクティブ シェフ ショコラティエ、ティエリー・ミュレ氏とゆっくりお話することができました。

ショコラティエ歴は35年。1988年からゴディバでショコラティエを務めるティエリー氏は、世界各地でゴディバを支える5人のシェフショコラティエのリーダー的な存在です。

様々なお話をしましたが、今回は直接お伺いして初めてわかったこのトリュフの由来を皆さんにシェアしますね。
グローバルエグゼクティブ シェフ ショコラティエ、ティエリー・ミュレ氏

グローバルエグゼクティブ シェフ ショコラティエ、ティエリー・ミュレ氏(ブリュッセルで)

Q:私はティエリーさんに、直接お聞きしたいことがありました。それは「黒い真珠」という名のトリュフ「トリュフ ペルレ ノア」のことです。このトリュフを2013年にお作りになったきっかけは何でしょうか?

-(ティエリー氏)
このトリュフは、特別なものです。2011年に亡くなったゴディバのシェフ ピエール・ドラップス氏へのオマージュとして、私が2012年にレシピを作りました。私はピエール・ドラップス氏に、直接会うことができました。偉大なショコラティエと会えたこの時のことを、私は人生の宝物だと思っています。
ゴディバ初代シェフundefinedピエール・ドラップスと現在のシェフ・ショコラティエ ティエリー

ゴディバのシェフ ピエール・ドラップスと現在のシェフ・ショコラティエ ティエリー

-(ティエリー氏)
お会いしたその当時、ドラップス氏は92才で、2つの並外れて強いパッションを持った人でした。一つはもちろん「チョコレート」に対して。そしてもう一つ は「バニラ」に対してです。彼のレシピには常に最高級といわれるバニラが使われていました。チョコレートとバニラは、常に最高の素材を、と情熱を持って探求し続けていました。もちろん他の素材にもその情熱は向けられていました。

私はこのトリュフに、ペルー産のカカオ分の高いチョコレートを使い、タヒチ産のバニラを使いました。2つの素材へのこだわりは、ドラップス氏のパッションへのリスペクトからです。ペルー産のカカオも、タヒチ産のバニラも、複雑で、フローラルでスパイシーでフルーティ、複雑なアロマを持ち、それが調和しています。
サブロン広場にあるゴディバのブティックでは「トリュフ ペルレ ノア」を1粒から購入できる

サブロン広場にあるゴディバのブティックでは「トリュフ ペルレ ノア」を1粒から購入できる

Q:「黒い真珠」という名のトリュフ。この黒い色の由来は何ですか?

-(ティエリー氏)
黒い色にしたのは、喪に服す気持ちからです。ピエール・ドラップス氏は私がお会いしてお話をした、その6ヶ月後に亡くなったのです。普通ではないほど強いチョコレートへのパッションを持った、素晴らしい人でした。ピエール・ドラップス氏と時間を過ごせたことを光栄に感じています。
ブリュッセルにあるブティックには毎日トリュフが並んでいる。

ブリュッセルにあるブティックには毎日トリュフが並んでいる。

私の質問に、思い出を懐かしむように、遠い目をしながら、時々微笑み、ゆっくりとお話してくださったティエリーシェフ。私は思いがけずお聞きしたこのストーリーにそっと心を打たれ、ゴディバの歴史を感じていました。

2012年に開発された「黒い真珠」という名の「トリュフ ペルレ ノア」。このチョコレートは、現代のゴディバを牽引するシェフ ショコラティエ、ティエリー・ミュレ氏が、初代シェフショコラティエのピエール・ドラップス氏のパッションをリスペクトし、未来につなげていこうとするお気持ちから生まれたものだったのです。

一粒のトリュフからも、私は90年の歴史を持つチョコレート専門店ならではのストーリーを感じることができました。

レジェンデール トリュフ コレクション アニベルセル

トリュフファンの方に、もうひとつお知らせしたいのがこちら。2016年8月25日に発売のトリュフのコレクション「レジェンデール トリュフ コレクション アニベルセル」。

1946年から2016年まで、時代ごとに作られた歴史あるトリュフが6粒、詰まっています。
レジェンデール トリュフ アニベルセル ※2016年8月25日~2017年3月15日まで販売

レジェンデール トリュフ コレクション  アニベルセル ※2016年8月25日~2017年3月15日まで販売

6粒の内容は、1946年に初代ショコラティエのドラップス氏が開発した「トリュフ ドラップス オリジナル」、1950年に開発されたゴディバ初のプラリネトリュフ「トリュフ ドラップス プラリネ」、1999年フィリップ国王とマチルダ王妃のロ イヤルウェディングを記念して作られた「トリュフ マチルダ」、カカオへのこだわりが現れたカカオが主役の2009年の「トリュフ ノア インテンス」、 そして2013年の「トリュフ ペルレ ノア」。

さらに、日本初登場となる2016年の最新トリュフ「トリュフ フィリップ」が加わっています。2016年はゴディバ誕生90周年に加え、日本とベルギー国交樹立150周年の年。それを記念し、現ベルギー国王である、 フィリップ国王にちなんだトリュフが開発されたのです。ダークチョコレートのフォンダンをダークチョコレートで包み、ココアパウダーと紅茶のパウダーの ミックスでコーティングしています。

90年に1度のトリュフコレクション「トリュフ コレクション アニベルセル」、そして同時発売される「レジェンデールトリュフ コレクション アニベルセル」(両方のコレクションに「トリュフ ペルレ ノア」が入っています)。

皆さんも、ゴディバのトリュフの最新コレクションから、ブランドの90年の歴史を感じてみてください。

DATA
●「トリュフ コレクション アニベルセル」
販売期間:2016年8月25日(木) ~ 2017年3月15日(水)
価格: 6粒入 2,700円、9粒入 3,996円、12粒入 5,292円、18粒入 7,776円(※18粒入りのみ2016年12月31日まで販売)
●「レジェンデールトリュフ コレクション アニベルセル」
販売期間:2016年8月25日(木) ~ 2017年3月15日(水)
6粒入 2,808円、9粒入 4,104円、12粒入 5,400円、16粒入 7,020円
販売場所:全国有名百貨店内ゴディバショップ及びゴディバ専門店
http://www.godiva.co.jp/


<合わせて読みたい関連記事>
ゴディバ90周年を体験、記念限定チョコレートボックス


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。