低体温の子どもが増えている?

子供を診察する医師

子どもの平均体温は1935年の37.2℃から、1995年には36.2℃まで下がっています

子どもの体温は通常大人より高く、36.5℃~37℃程度で朝より午後の方が高くなります。37.5℃以上になると発熱として、予防接種などではワクチン接種ができません。一方、36℃以下になると低体温とされます。低体温は、体の内部を含めた温度の低下ですから、冬以外でも冷房などによって起こりうる現象です。

保育園に通園している5歳児181名を対象に調査した結果によると、朝登園時の体温で36℃未満が14.4%、36℃~36.9℃が70.1%、37℃以上が15.5%であったと報告されています。さらに、朝の2時間における幼児の体温の変動幅で1℃以下低下した子どもが、平成8年0%、平成9年2.5%、平成10年3.1%と増加する傾向がみられます(『体育学研究』 2004年/前橋明)。

子どもの体温は、1935年で37.2℃、1960年で37.1℃、1980年で36.3℃、1995年で36.2℃と平均が下がっていることから、低体温の子どもが増えていることになります(『体育の科学』 2004年/田中英登)。

子どもの低体温の原因は、自律神経の乱れにあり

低体温は、体温調節がうまくできない結果です。その原因は自律神経の働きが悪いことにあります。自律神経の乱れによってイライラしたり、集中力がなくなったり、対人関係に問題が発生したり、怒りやすくなったりします。

自律神経の働きを悪くする原因は、就寝時刻が遅い(睡眠不足)、朝食の欠食または不十分である、バランスの悪く偏った食事(食生活の乱れ)、排便がない、冷暖房の使用および過剰使用による体温調節機能の低下、テレビやビデオなどの視聴、ゲーム時間の増加(睡眠不足、運動不足)です。

寝る時間が遅いと睡眠不足になり、ゲーム時間が増えると夜遅くまでゲームをして寝る時間が遅くなります。また、テレビ・ビデオ・ゲームなどの室内で過ごすことが増えることで運動が不足します。

子どもの低体温の改善方法・対策法

低体温の改善方法としては、まずは生活習慣を見直します。1日の生活リズムで大事なのは睡眠・運動・食事です。

■睡眠でできる低体温対策
睡眠

規則正しい生活の基本は睡眠です

・寝付きの悪さを解消する
寝る前はカフェインを含む刺激物を避け、軽い読書や音楽などでリラックスし、入浴はぬるめのお湯にします。部屋の照明もやや暗めし、食事は3時間前までに済ませること。また、スマホや電子書籍は控えさせましょう。

・眠たくなってから床につくようにする

ふとんやベッドの中でだらだらするのではなく、眠くなってから床につくようにします。

・規則正しい生活をさせる

普段の睡眠時刻を決めて、体内リズムを整えます。

・より深く眠るための工夫をする
三度の食事と適度な運動をし、睡眠時間にこだらない、いびきや不規則な呼吸になっていないかどうかを調べます。

・スッキリ目覚められる工夫をする
体内時計のリセットのため、朝の光を浴びさせましょう。

・寝だめせずに休日でも同じ時刻に起床させる

体内時計を整えるのに有効です。

・テレビ・ゲーム・スマホの利用時間を決めておく

光刺激のあるテレビ・ゲーム・スマホなどで寝つきが悪くなり、また一定の姿勢をとり続けることで筋肉量の低下を招くので、長時間の使用を避けるようにしましょう。

・適切に冷暖房を使用する

快適な睡眠のために、1日の中で寒暖差が少なくなるように冷暖房の調節を行います。

■運動でできる低体温対策
運動

運動して、筋肉をつけましょう

体温がピークになる時間に体を動かすと効果的です。朝7時に起床すれば、午後3~5時頃に体温のピークになります。

体を動かすことで、熱を作りだす産熱と熱を放散する放熱の機能が活性化され、自律神経の働きもよくなり、体温を一定に保つことができるようになります。継続的な運動を行うことで筋肉量が増え、体温も上がり、代謝がよくなり、ホルモンの状態がよくなります。すると生活リズムが整い、十分な睡眠時間を取ることができるようになります。

1日の熱産生量の50~60%は、筋が動くことによる代謝で、このエネルギーを生み出す源が食事です。

■食事でできる低体温対策
朝食

朝食をしっかりと摂りましょう

しっかりと毎日、朝食を取る必要があります。文部科学省によると、小学校6年生の11.3%が朝食を取っておらず、中学生ではさらにその割合が増加します。体力と朝食には関連が見られ、朝食を毎日食べない子は体力合計点が低くなっています(全国体力調査)。

夕食をしっかりと食べたり、夜は早く寝たりするなど、ちょっとした工夫で朝型の生活にすることができます。排便習慣も重要で、朝食をしっかりと取ることで朝に排便する習慣がつきます。排便習慣によって、腸の動きが整い、運動する準備ができ、自律神経のバランスが整います。

食事内容は、炭水化物を含むごはん・パンの主食、魚や肉、卵、大豆製品などを主材料にした主菜(たんぱく質や脂質はエネルギー源になります)、野菜やいも、海草などを主に使った副菜(カルシウムやビタミン、食物繊維などを多く含みむもの)、うす味でバランスよくメニューがお勧めです。

また、水分補給にも注意が必要です。運動すると汗をかき、代謝が上がるため体内の水分が不足しがちになります。水分の取り方としては、少量をこまめに飲むことが勧められます。運動した後には水分補給を心がけ、常温または人肌程度に温めて飲むとよいでしょう。

運動・食事・水分は3つとも相互に関係して、低体温対策になるのです。

子供の体調不良に関連して、「小児科医が教える急な発熱への対処法・解熱剤の注意点」もあわせてご覧下さい。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項