パリに恋するひとり旅 オプショナルツアーが応援します!

BUSTRONOME

観光しながら美食が楽しめるバスツアー BUSTRONOME(ビュストロノーム)


パリと聞いて思い浮かぶイメージは何ですか。エッフェル塔、セーヌ川、凱旋門、ルーブル美術館やモンマルトルの丘などの有名な観光スポットでしょうか。もちろんこういった名所もはじめてのパリでは必見ですが、本当のパリの魅力は、隠れたところに潜んでいます。何気なく踏み込んだ路地に見つけたカフェ、マルシェや蚤の市での店員さんとのやりとり、日本では味わったことのない、極上の味覚のマリアージュ……。まずは地図を片手に街に出て、発見の旅に出掛けてみましょう。

女子一人旅におすすめ パリのオプショナルツアー

女子の永遠の憧れ、花の都パリ。美と芸術の宝庫であり、グルメとファッションの発信地であり、女の子達の欲望を100%満たしてくれる要素に溢れるデスティネーションです。一大観光都市なので、女性の一人旅にもぴったり。期待を胸に訪れる乙女の満足度をきっと高めるおすすめの過ごし方をご紹介します。

■ステップ1. 旅をスムーズにはじめるための便利ツール
パリのセルフガイド

オーディオガイドを片手に自分のペースで土地勘をつかんで

パリをよく知るためには、まず自分の足で街中を歩いてみることが肝心です。そのために欠かせないのが、市民の足、メトロとバス。市内を隈なく網羅する路線を使いこなせれば、どこにでも気軽にアクセスできます。更に、美術館の優先入場がセットになったパスや、タッチペンとインタラクティブマップで観光地の解説が流れるセルフガイドなど、様々なツールが揃います。また、切符を買うときや、少し迷ってしまったときに、最低限の会話を旅行前に覚えていけば安心です。


■ステップ2. 知られざるパリを探して
パッサージュ

タイムスリップした感覚に陥るパッサージュ

隠れスポットを見つけるには、パリを知り尽くすガイドさんに頼るのが一番。見落としてしまいそうな小路や、ひっそりと佇んでいる建物の中庭に一歩足を踏み入れ、そこに積み重ねられた歴史やエピソードを聞けば、よりディープな理解が得られることでしょう。また、エッフェル塔やオペラ座のような有名観光地も舞台裏を知ることで、訪れた感慨もひとしおに。帰国してからのいい土産話になります。


■ステップ3. 女子一人でも怖くない! 夜のパリのおすすめ
ガルニエ宮でのバレエ鑑賞

伝統あるガルニエ宮でのバレエ鑑賞は格別

女性の一人旅では、やはり気がかりなのが夜の過ごし方。貴重な機会だから外に出たいけれども、治安が気になったり、食事を一人で取るのも心細かったり。けれども、昼間とは違うきらめきを見せる夜のパリに出かけなくてはもったいない! 女子にこそ見て欲しい芸術性の高いキャバレー『クレイジー・ホース』、ドレスアップして、幕間の華やぎも楽しみたいオペラ座のバレエ、美食ディナーを味わいながら窓からパリのイルミネーションスポットを観光できるバスツアーなど、安全に、気後れせず、ちょっとした冒険を味わえます。


■ステップ4. オンナをあげる体験ツアー
受講可能なテーブルセッティング教室

「ジアン」のワークショップで受講可能なテーブルセッティング教室

旅をより鮮やかに彩ってくれるのが、各種体験ツアー。衣食住において美を追求する街パリでは、様々なジャンルのレッスンをプロから受けることができます。グルメなあなたには、ワイン・テイスティングや本格派フランス料理教室、パリジェンヌのセンスを持ち帰りたければ、テーブルセッティングやフラワーアレンジメントのレッスンはいかがでしょうか。オシャレが詰まったマレ地区や蚤の市の散策ツアーでは、掘り出し物も見つかるかもしれません。


■ステップ5. 映画のワンシーンような記憶に残る思い出を
著名人も撮影に訪れたスタジオ・アルクール

映画スターや各界の著名人も撮影に訪れたスタジオ・アルクール

せっかくのことなら、周りの誰も体験したことのないような、特別な思い出を作りませんか。ヘリコプター遊覧で、眼下に広がるパリのパノラマを独り占めにしたり、レトロなシトロエン2CVに乗って、シャンパングラスを片手に夜のパリを散策すれば、ヒロイン気分を味わえること間違いなしです。伝説の写真館でのポートレイト撮影は、より鮮明に記憶を形に残したい人に一押しのプランです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。