派遣社員で低収入。もっと貯金をできるようになりたい

収入が低く、貯金が増えない悩み

収入が低く、貯金が増えない悩み

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、貯蓄が思うように増えないと悩む31歳の女性会社員。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんがアドバイスします。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
ゆんこさん(仮名)
女性/派遣社員/31歳
神奈川県/実家

■家族構成
父(60代/正社員)、母(50代/正社員)

■相談内容
毎月2万円を積み立てしていますが、もっと貯めたいです。両親と同居しているので家には5万円いれるだけで済みます。社員になってボーナスをもらってみたいのですが体が弱く週5日働くと倒れてしまいます。うつ病にもかかり、派遣として週4日働くのが精一杯です。20代後半になってようやく貯金を始めることができ、通院もでき、両親に守ってもらえる日々に感謝していますが、ボーナスをもらえる体力と能力がなく、心の病気のために派遣会社内で転職(異動)を繰り返す自分が悲しくなってきます。3万円くらい余裕で貯められるようになりたいです。

■家計収支データ
「ゆんこ」さんの家計収支データ

「ゆんこ」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)収支について
手取り額は14万~15万円(勤務が曜日固定のため月の勤務日数による)。余れば普通預金に入れっぱなし。

(2)両親と実家について
両親とも、ハードワークのため、疲労しているという。持ち家でローンは残り10年。実家は相談者が相続する。

(3)加入されている保険の内訳
・本人/終身医療保険(入院7000円、先進医療600万円)=保険料2300円

(4)仕事について
最初はレジのフルタイムパートを7年。その後は短期のアルバイトを転々として、今は介護士を始めて2年半。デスクワークならフルタイムで働けるが、まだその経験はない。

(5)医療費について
月に精神科2000円、ペインクリニック1200円程度。家計支出では「雑費」に含んでいる。

(6)結婚について
予定および願望はないとのこと。

■FP八ツ井慶子からの3つのアドバイス
アドバイス1 貯蓄は「継続性」が大切
アドバイス2 自分ができることに目を向けるべき
アドバイス3 「負い目」があれば取り除こう
 

アドバイス1 貯蓄は「継続性」が大切

ご相談は「もっと貯めたい」ということですが、現在、定期預金で毎月2万円を積み立てています。いただいたマネーデータによると、月間支出9万5800円に対し、収入は14万~15万円。計算上は積立定期以外に月に2万5000円ほど、普通預金に貯まっているようですよ。ということは、ご自身が思っている以上に貯まっているか、家計簿が間違っていて、思った以上に使っているかのどちらかでしょう。したがって、実際に年間ではどのくらい貯蓄が増えているかをまずは確認してみてください。

例えば、冠婚葬祭や家電等の購入など、不定期な出費も年間を通せばいくつかあるでしょう。それがコストとして30万円程度(2万5000円×12カ月)であれば、家計で余った分はそれに充てられていることになります。そういったコストが見当たらないと、使途不明金ということに。いずれにしても、そこは十分チェックしておくことが大切です。

また、貯蓄は、もちろん金額も重要ですが、継続はもっと重要です。途切れることなく収入を得て、そこからしっかり貯蓄して、将来の支出に備えていくということ。ということは、健康管理ですら、お仕事の一つと捉えてもいいかもしれませんね。今のご自身をケアしながらも、将来のご自身のことも考えてあげて、継続して前向きに働ける体や環境づくりにも目を向けるといいでしょう。その結果として、心配されている貯蓄形成にも必ず役立ちます。
 

アドバイス2 自分ができることに目を向けるべき

では、その上で貯蓄ペースを上げていくにはどうすればいいか。基本的には「収支バランスの見直し」に尽きます。つまり、支出削減か収入アップのどちらか(あるいは両方)です。

支出に関して言えば、いただいたデータを見る限り、あまり見直し箇所が見えてきません。十分よくやられていると思います。一方、収入アップですが、勤務先が変わる、あるいはフルタイムで働けるようになることで、結果ボーナスが支給されるようなれば、貯蓄ペースは上がるはず。したがって、それを目指すことは決して間違いではありません。

ただし、その前に「ゆんこさん」の場合、自信を持つことが先決ではないでしょうか。レジ打ちのパートを7年間続けたのも、現在介護士として月14万~15万円収入を得ているのも、ご自身の力なのです。これはすばらしいことです。健康面でハンディがあるのかもしれませんが、だからと言って、「ボーナスをもらえる体力と能力がない」と決めつけてはいませんか? それはとても怖いことだと思います。

ハンディは多かれ少なかれ、誰にでもあるものだと思います。そのために努力できるかどうか、つまり、自分を否定することなく前向きに捉えることができるかどうかは、その後の人生を大きく変えるパワーを持っている気がするからです。ちょっとえらそうで、ごめんなさい。でも、私自身もそうでしたが、FPになりたての頃は、毎日やめたくて仕方ありませんでした。

体調も崩しましたし、自信も失っていました。それでも、やはりFPのお仕事が好きなので耐えられた気がします。ゆんこさんもそれくらいに夢中になれるお仕事が見つかるといいなと思いますが、そうでなくても、まずは自分ができないことに思い悩むのではなく、自分ができることに目を向けてみてはいかがでしょうか。
 

アドバイス3 「負い目」があれば取り除こう

家計とは直接関係ありませんが、もうひとつ気になる点があります。ご両親に対する気持ちです。自分の面倒を見てくれていることに感謝すると同時に、負い目にも似た思いが相談文から見て取れます。「両親とも仕事で疲れている」といった部分も、もしかしたら、ゆんこさんの目にはより強くそう映るのかもしれません。

もちろん、ゆんこさんの気持ちはとても大事です。自分を歯がゆく思うことすらあるでしょう。しかし、ご実家に月5万円も入れている。これは手取り月収の3分の1の金額です。そこから生活費が負担されているとは言え、なかなかできるものではありません。本当に立派です。

何かしてあげたいという気持ちは大切です。しかし、それを必ずしもお金で表現する必要もない気がします。親御さんの老後を心配されていましたが、その基本は「親の介護は親のお金で」と考えてもいいのではないでしょうか。

ご両親のご事情を把握しているわけではないので、軽率なことはいえませんが、そのためにゆんこさんが疲れ切っても本末転倒ですものね。ご両親の年金や預貯金からその費用を捻出し、それでも不足するなら、自分のできる範囲で援助する。そういうスタンスはいかがでしょうか。親御さんは、ゆんこさんとの同居を楽しんでいるかもしれません。一度、親子でお話し合いができるといいですね。

親御さんのこと、将来のことを考えれば、確かに不安でしょう。これはゆんこさんに限ったことではありません。私も将来は不安なことだらけです。

そのために貯蓄しようと考えることも、FPとして共感できますが、しかし、だからと言って、貯蓄が目的というのも違和感があります。貯蓄は何のためかといえば、将来の支出のため。つまり、お金の使い方しだいで将来にむけて貯めたいお金すら変わってくるわけです。

ということは、今のご自身の使い方にも、ぜひ目を向けてください。支出は見直すほどの印象はありませんでしたが、かえってそれも少しだけ心配です。
個人的には少額でいいので、何か自分のためにワクワクするものに使ってみてはいかがでしょうか。貯蓄もしつつ、ときめくことにもお金を使う、そんなバランスが今のゆんこさんには大事なのかなと思いました。ぜひがんばってくださいね。

教えてくれたのは……
八ツ井慶子さん
 
undefined

 

ファイナンシャル・プランナー。大学卒業後大手信用金庫に入庫。本当にお客様にとっていいものを勧められる立場になりたいとの思いから、個人相談が中心のファイナンシャル・プランナーとして独立。近著に『ムダづかい女子が幸せになる38のルール』(かんき出版)と『サラリーマン家庭は"増税破産"する! 』(角川oneテーマ21)がある。テレビ、新聞、雑誌などでも活躍中。All Aboutマネーのガイドを務める


取材・文/清水京武 イラスト/モリナガ・ヨウ

【関連記事をチェック】
31歳月収15万円。フルタイムで働きたいが心の病気が
56歳貯金ナシ。81歳の実母が頼りの生活を立て直したい
34歳独身、月収17万円。住宅購入と老後のお金が心配
40歳独身女性、月収12万円。老後の備えをどうすべき?
32歳独身男性、貯蓄800万円。老後のお金を準備したい
収入11万、貯金10万円の貧困女子。貯金を増やすには?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。