第8位 鮮やかな色の国旗に、世界の国々の歴史を思う―
一家に一冊『こっきのえほん』

『こっきのえほん』

                 『こっきのえほん』

白い布とグレーの対比が美しい表紙を開くと、中は、色鮮やかな旗・旗・旗……! 『こっきのえほん』は、1ページに一つ、あいうえお順に国旗を紹介した、迫力の国旗図鑑です。

オリンピックやワールドカップが開催されると、途端に人気の出る国旗の図鑑。テレビでも、普段はあまり耳にしない国の名前が聞こえてきたり、世界各国の景色が写し出されたりして、刺激を受けるお子さんも多くいることでしょう。

『こっきのえほん』では、掲載されている197の国、全ての国旗が同じサイズで掲載されています。国の広さや豊かさとは関係なく、全てが同じサイズという本は、ありそうでなかなかありません。これから世界に触れていく子どもたちに、先入観を与えずフラットな視点を育むことができるのではないでしょうか。
ページ写真

国旗の比率は、オリンピック等で使われる比率2:3。オリジナルの比率も記載されています

また、国旗の細かいところまで見えるというのも『こっきのえほん』のうれしいところ。こまごまと描き込まれた動物や葉や文字には、「こんな風になっていたんだ!」と大人でも驚いてしまうはず。

その他、旗にこめられた意味・位置・首都・面積・人口や時差など、情報は盛りだくさん。特に、各国のミニガイドは「心地良さが漂う国です」「美しいです」など、温かなことばで綴られており、その国に親近感が湧いてきます。

あとがきには、こんな一文も。「これから、ぼくたちにできることは何か。世界中の人と、つながること」― 英語教育がますます盛んになっていく世代の子どもたちと、それを見守る大人たちに、ぜひ手にとっていただきたい1冊です。

書名 『こっきのえほん』
企画・編集・制作 戸田やすし
出版社 戸田デザイン研究室
価格 3024円
第7位は、有名な小児科の先生の科学読みものです>>