経済の先行き不透明感に不安を抱いている人はどうする?

世界の景気が不透明に。キヨサキ氏はどうする?

世界の景気が不透明に。キヨサキ氏はどうする?

皆さんこんにちは、ロバート・キヨサキです。2016年も早2月半ばを過ぎましたが、年明け以来の株式市場の乱高下で、経済の先行き不透明感に不安を抱いている方も多いことでしょう。今回はそんな皆さんのために緊急特別編をおおくりします。

資産価格の急落の原因は?

2月第2週は世界で同時株安、原油安、米国債利回りの急落が起こり、市場はパニックに陥りました。「強いドル」が負のスパイラルを招いたとする金融機関のレポートがありますが、私の親友であるマクロ経済学者のリチャード・ダンカンは、原因は1つではないと分析しています。

彼は「強いドル」に加えて、中国経済の成長が鈍化して元切り下げとコモディティ(商品)価格の下落が起こっていること、米国の量的緩和が終了して株式をはじめとする資産バブルが弾けつつあること、米国の信用(民間負債)の成長が鈍化して景気後退をもたらすであろうことの3つの原因を挙げています。

そして世界で供給過剰が起こっているので、それを吸収する新たな需要が見つかるまで、以上の原因の相互作用により負のスパイラルは続くだろうと予想しています。

あなたが自分のために今なすべきこと

ちょっと難しい経済の話を要点だけお伝えしました。「では私はどうすればいいの?」と思われた方も多いはず。『金持ち父さん』シリーズの読者の皆さんはもうお分かりだと思いますが、こういうときこそまず「自分のファイナンシャル教育に時間を投資する」ことが重要です。

ずいぶん前から「お金のルール」は変わっています。それを私に教えてくれたのが金持ち父さんでした。そのルールは金持ちに有利になるように作られています。だからこのお金のゲームで勝ちたいなら、金持ちのお金のルールをまず学ばなければならないのです。車を運転するのに交通ルールを知らないで乗る人はいませんよね。それなのにお金や投資のこととなると、そのような危険なまねをする人が多いのが、私には不思議でなりません。

幸い今は情報時代です。本や雑誌、新聞に加え、インターネットで様々な情報を手軽に入手できるようになりました。まず金持ちのお金の考え方や使い方について情報を手に入れ、学んでください。そして本当の資産を見分ける目を養うことが大事です。現実の投資にお金を入れるのはそれからです。

金持ちになるための予算を立てよう

企業は毎年、次の年度の予算を立てます。あなたも自分の予算を立ててみませんか? 「金持ち父さん」シリーズで紹介している「財務諸表」を使うとよいでしょう。『キャッシュフロー』ゲームで使っているもので、企業の財務諸表を個人向けにひじょうに簡単にしたものです。1カ月単位で予算を組むことができます。

「財務諸表」を使ってまずお金の流れを把握し、あなたの現在地点を確認してください。そしてあなたがお金を何に使っているのかを知ってください。損益計算書の「収入」と「支出」、貸借対照表の「資産」と「負債」の間を行き来するお金の流れを徹底的に理解してください。

難しそうに聞こえますが、ルールは簡単です。お金に関する言葉に慣れることです。私の本を読むことに加えて、『キャッシュフロー』ゲームを繰り返しプレーすることを強くお勧めします。会計と投資に関する基礎知識が楽しく安全に学べます。何度も言いますが、いきなり現実の投資をするのは厳禁です。知識がなければ、何に投資しようとお金を失います。

年初から起こっている市場の乱高下といった状況は、わが親友が予想しているように今年はまだまだ起こるでしょう。でもお金のルールを熟知して投資している人にとっては、資産を増やすまたとないチャンスなのです。史上最大の富の移転が始まりつつあります。それを大嵐と考えるか、バーゲンセールと捉えることができるかは、すべてあなた次第です。

今あなたがお金をいくら持っているかは問題ではありません。あなた自身の将来のより良い経済状態のために、今あなたが何をするかが問題です。少しずつでいいので毎日続けることが大事です。お金について楽しく学びましょう!

★金持ち父さんのエッセイは次回に続きます!

★ロバート氏の連載を第1回から復習したい方はコチラへ!
「貧乏父さんが金持ち父さんに変わる新常識」第29回目まで好評配信中!


ロバート・キヨサキ氏

undefined

 

投資家、ビジネスマン、ベストセラー作家。著書『金持ち父さん 貧乏父さん』にて金持ちがお金について自分の子供たちに教えていること、中流以下の人たちが教えていないことを明かす。労働所得(給料)で生きるのではなく、お金がお金を稼ぎ出す不労所得の重要性を説き、お金教育の一環として『キャッシュフローゲーム』を開発した。

「金持ち父さん」日本オフィシャルサイト
http://www.richdad-jp.com/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。