【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

その人はパートナーシップを組もうとしている?

その人は将来に繋がる?

その人は将来に繋がる?

本当のパートナーシップには学びがあり、日々の生活に刺激と安らぎをもたらします。それは、ひとりの生活では決して得られないものです。

互いを信頼し、尊敬しつつも思っていることをぶつけることができる。どんなにケンカをしたとしても、仲直りできる自信がある。絆のある関係は、安心感のあるお付き合いができます。

しかし、異性とただお付き合いしていれば自然とパートナーシップが育まれるかというと、そうではありません。むしろ、最初からあなたとパートナーシップを組もうとは考えていない人もいます。

こんな人には要注意!

逆に真のパートナーシップを築こうとしない人が、なぜあなたに近づこうとするのか? 目的は様々なので、その真意を暴くには時間が必要かもしれません。しかし、そうした人物を「見抜く」ことは簡単にできます。

最初から火遊びをしたい場合はいいですが、あなたの時間は有限ですから、心や身体をすり減らすような人物はなるべく遠ざける方が賢明です。(このコラムを読んでいるということは、皆さんパートナーシップを築きたい方だとは思いますが)

以下に、あなたが遠ざけるべき異性の特徴を挙げてみました。もしかすると、あなたにとって心地よく、抗いがたい特徴を持っている人物かもしれませんよ。

1.あなたに甘い言葉だけを囁く

あなたに対して、優しい言葉ばかりを言いませんか? あなたの気分を害する言葉だったり、叱責するようなことを決して言わない。あなたをドキドキとさせ、まさに運命の人かのようなセリフばかり言うようであれば、注意した方が良いかもしれません。

もちろんカップルになったばかりであれば、甘い言葉が多いというのもうなずけます。しかし、出来すぎたセリフのようなことしか言わない相手には気をつけましょう。

2.あなた自身を見ていない
肩書き、容姿、収入、環境など……。それらを含めてあなただと言えますが、肝心の中身を見てもらえていない可能性があります。試しにあなたの価値観について、どれだけ理解があるか質問してみると良いでしょう。そういう相手の場合、表面的なところは答えられても、深い部分については「さっぱり」な可能性が高いです。

深いパートナーシップを持とうとしない人間は、あなたがどのようなことを普段考え、何を大事にしているかということに興味がないのです。

3.連絡が都合の良い時だけくる
相手とは、どれだけ簡単に連絡を取ることができますか? もしかすると、あなたから連絡を取るのは難しいなんて状況ではありませんか。あなたが相手にコンタクトしようとした時だけ、何かと理由をつけて逃げようとしているのであれば、注意しましょう。

もちろん、非常に多忙な人なのかもしれません。しかし、相手のペースに乗らないと会うことができないのであれば、それは都合の良い異性として扱われています。

4.心が繋がる感覚がない
しばらくお付き合いをしていても、まったく相手との絆を感じないのであれば危険信号です。異性としての魅力は感じているのかもしれませんが、人間としての魅力はどうでしょうか?

「この人のこんなところが尊敬できるな」というところを挙げてみましょう。もしポジティブに考えられる項目がなければ、今後もお互いを信頼できるようなパートナーシップを組むことは難しいでしょう。

ポイント:パートナーのネガティブ要素にもきちんと目を向けて!

弱い部分も見よう

弱い部分も見てみましょう。

世の中のありとあらゆるものに、バランスは存在します。あなたが周囲から見て急激に相手にのぼせ上がっているのであれば、後で必ずその気持ちは急降下するでしょう。

相手があなたに対して弱い部分や短所をあまりにも見せない場合は、厚い仮面をつけているのだと理解しましょう。もちろん、その仮面を剥ぎ取ってみるのも面白いかもしれません。

その人がなぜ仮面をつけなければならないほど、素の自分をあなたに出せないのか?  そこまで考えてみると、冷静に、今までと違った視点で相手を見ることができるはずです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。