バス+食事券セットは便利!

解説画像

富山湾の幸を使ったすしも楽しめる

『富山ぶりかにバス』は、何種類かの食事券とセットでも販売されています。

例えば新湊漁港までの往復バス代と漁港周辺の路面電車の乗車券、さらには周辺のすし屋での食事代が込みになった4,200円のチケット(富山湾鮨プラン)があります。こちらは過去記事『富山湾の寿司を全店定額で食べる裏ワザ』でも紹介した富山湾鮨を利用したチケット。県内の加盟店であれば、どこでも10貫を2,000円から3,500円で食べられる安心のサービスです。単純に考えてすしが3,500円だったとすれば、バスの往復1,000円をプラスすると、お得になりますよね。

新湊漁港の周辺にも加盟店が10件ほどあります。せっかくなので海岸線に並行して走る路面電車に1駅、2駅乗って、おすしを食べに出掛けてみてください。「富山湾鮨」というのぼりがお店の前に出ていますので、入店の際にチェックしてみてくださいね。

■富山湾鮨
公式ホームページ

以上が富山きときと空港・富山駅と人気の2大漁港を結ぶ定期観光バス『富山ぶりかにバス』になります。ちなみにセット券は出発3日前までに購入しなければいけませんが、「あれこれ考えるのが面倒」という人にはとても便利ですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。