「キッチンまつば」で昔ながらのオムライスをいただく

本郷通りからだと「まつや肉店」の少し先にあるのが「キッチンまつば」さん。
Since1973とある

キッチンまつば 文京区本郷4-34-17

老舗の洋食屋さんだ。少し前に喫茶店のオムライスを食べ歩いていたのだが、そういえば洋食屋さんのオムライスってどうなんだろうか。お昼過ぎの時間帯に入ってみる。
テーブルがいくつかある。先客は若い男性3人組、高齢のご婦人。店のフロアには高齢の女性と若い女性がいらっしゃる。若い女性がお水を持ってこられたので「オムライスをください」と言うと、「2種類あるんですけど」とメニューを指さす。特製オムライスは1100円、ただのオムライスは850円。「普通のオムライスでお願いします」と注文。
サラダと味噌汁が付いている

オムライス 850円

このオムライス、かなりおいしかった。ひょっとしたら、自分の人生でいちばんおいしいオムライスかもしれない。ふわトロの卵ではない。しっかりバターライスを包んでいる。バターライスもやさしめのケチャップ味でおいしい。サラダと味噌汁がこれまたよく合う。けっこうな量だった。

このあとカップルのお客さんがきて、特製オムライスを注文していた。見れば、デミグラスソースがたっぷりの、たぶんふわトロ卵のオムライスだ。

「ゑちごや」さんでタンメンをいただく

帰りは菊坂下まで歩き、言問通りを東京メトロの根津駅まで歩いた。が、菊坂下の手前にこんな店を発見。「ゑちごや」さんだ。
のれんには創業明治10年とある

ゑちごや 文京区本郷4-28-9

のれんには、創業明治10年とある。右のショーウィンドウには和菓子が置かれ、左側の食品サンプルには、タンメンなどがあった。これもある意味、町中華ではないか。今日は無理だが後日、うかがおうと思った。

というわけで、すぐに翌日やってきた。暖冬だといわれていた東京が急に寒くなった日、お店に入ったのはお昼過ぎ。カウンターと4人掛けテーブルが3つ、2人掛けテーブルが1つあった。4人掛けに女性2名が甘味を食べている。2人掛けのテーブルにサラリーマン風の男性1名がカレーライスを食べている。カウンターの若い男性の焼き魚定食が提供されたところだ。
甘味、中華、和食、洋食なんでも有りだ

多彩なメニューだ

メニューを見よう。なるほど、甘味処中華といえば、浅草の山口家本店にうかがったときのことを思い出した。あそこも餅入りラーメンがあったが、ここもあるね。迷ったけれど、タンメンを注文。

野菜たっぷりでお肉も十分入っている

タンメン 650円

しばらくして、タンメンがやってきた。あー、これはもう見ただけでおいしそう。
スープはやさしい塩味

麺は中太麺で、これが旨い

黄色めの麺は中太のストレート麺だ。これが旨い。野菜、お肉もたっぷり入っている。これで650円というのはお値打ち。明治10年創業明治ということは、樋口一葉もきたのだろうか。
丼に店名が入っているのも素敵!

食べ進むと、お店の名前が出てきた

いやぁ、めちゃくちゃ美味しいタンメンだった。体も温まったなぁ。この日も「まるや肉店」に寄り、晩御飯用に「ピーマン」「とうがらし」「菊坂コロッケ」を購入。
冷めてもおいしいのがまるや肉店の揚げ物!

左がとうがらし、右がピーマン


「ピーマン」はピーマン肉詰めを揚げたもの。「とうがらし」は青唐辛子が入ったもので、けっこう辛い。

なんとも楽しい菊坂散歩、また出かけたい。

今回のコースはこちら

【関連記事】
本郷三丁目~駒込 雨と大盛りと文学の散歩 [散歩] All About
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。