イエローナイフの大自然を丸一日楽しみつくすためのオプショナルツアー

イエローナイフのオーロラ

一度は見たい光のカーテン

イエローナイフは北極圏の端に位置する、カナダのノースウェスト準州の州都です。日本からの直行便はなく、アルバータ州のカルガリーまたはエドモントからの乗り継ぎが必要です。ノースウェスト準州は134万平方キロメートルという広大な敷地を擁し、その大部分は手つかずの自然が残っています。人口のほとんどは街に集中しており、イヌイットと呼ばれる先住民族と、ゴールドラッシュ時に移り住んできたヨーロッパの人々の文化が混じりあい、独特の文化を創り出しています。

市内の公共交通機関は電車はなくバスのみです。カバーされているエリアや運行本数も限られているため、移動手段としては車が非常に便利です。しかし知らない雪国での運転は不安が付きもの… そこでおすすめなのがオプショナルツアーです。ツアーに参加すれば安心して目的地まで向かうことができ、またアクティビティに必要な道具をそろえる必要もありません。日本語のツアーもありますので、英語に自身がなくても問題ありません。事前のお申込みで不安なく、オーロラ観賞にお出かけください!

イエローナイフのおすすめオプショナルツアー

一生に一度はオーロラを見たいと思われている方、多いのではないでしょうか。高確率でオーロラを見ることができるイエローナイフに足を運んでみませんか。夜のオーロラ観賞はもちろん、昼の犬ぞりやアイスフィッシングも人気です。今回は朝から晩までイエローナイフ楽しみつくす、おすすめのアクティビティをご紹介します。

■イエローナイフといったらやっぱりオーロラ鑑賞
オーロラ2

その日の条件によって色や形が変化します

イエローナイフはカナダ国内のみならず、世界的にも知られた高確率でオーロラ観測できる観測地です。その理由はイエローナイフが北緯62度に位置し、ちょうどオーロラベルトの真下に位置する事、晴天率が高い事、そして周りに人工的な光が少なく、遮るものがない広大な土地である事があげられます。一度でも同じ形、色をしたオーロラに出会うことはありません。一生に一度、その目で自然が作り出す光の神秘を見に行きませんか。ツアーに参加すればその日のベストポイントへガイドがご案内します。


■雪原を犬とかける 犬ぞり体験
イエローナイフの犬ぞり

犬たちのたくましい走りには圧巻

元々犬ぞりとはマッシャーと呼ばれる操縦者が複数の犬にそりをひかせ、人や物資を運ぶ為の運搬手段でした。現在でも一部のエリアでは犬ぞりが人々の生活を助けています。現在は実用的な目的よりも、主にレース競技として犬ぞりが行われています。冬の白い森や平野、凍った湖を元気な犬たちに引かれて進んでいくのは、ほかでは味わえない体験です。さらにレクチャーを受ければ、実際にマッシャーとしてそりを操縦することも可能です。どこまでも白く輝く雪原を犬ぞりで走り抜けましょう!


■ローカルに人気の冬のアクティビティ アイスフィッシング
アイスフィッシング

釣り上げた魚は寒さのためにすぐに凍ってしまいます

一味違う体験をしたいあなたにおすすめなのが、冬の時期ローカルに人気のアイスフィッシングです。アイスフィッシングは凍った湖に専用のドリルで穴をあけ、そこに釣竿をたらして魚を釣り上げます。日本ではワカサギ釣りが有名ですが、カナダではニジマス、イエローパーチ、イワナなど様々な魚を狙うことができます。氷上はやはり冷え込みますが、テントなどで暖をとりながらゆったりと流れる時間に身を任せつつ楽しむことができます。ツアーでは釣り上げた魚をそのまま料理していただけるのも魅力的のひとつです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。