アフタースキーはゴージャスに!

スキーで疲れた体は、リッチなホテルで充分に癒やしてあげましょう。エリア内には、トマムのランドマーク的存在である「ザ・タワー」とその奥の森にそびえ建つ「リゾナーレトマム」の二つのホテルがありますが、よりゴージャスな雰囲気を味わうならリゾナーレがおすすめ。

こちらはホテルの部屋すべてが100平方メートル以上のスイートルームという超・豪華版です。ゆったりしたリビングで窓の外に広がる原生林を眺めながら優雅にティータイム。この瞬間だけでも「ああ、ついにトマムにやって来た!」という感慨に耽ることができるでしょう。
undefinedundefinedundefined

優雅なスイートルームでティータイム


各部屋には大きな展望ジェットバスとサウナも備わっています。景色を眺めながらゆっくりとスキーの疲れを癒やすのも良し。また仲間とビールやワインを飲みながら「お風呂パーティー」と洒落込むのも悪くないですね。
undefinedundefined

部屋の展望ジェットバスでスキーの疲れを癒やす


ジェットバスで疲れをほぐしたら、いよいよお待ちかねのディナーターム。数あるお店の中で、今回は色々な北海道の海鮮メニューが充実している、別棟ホテルアルファトマムの「ビュッフェダイニング hal(ハル)」で夕食をいただくことにしました。

料理は揚げたての天麩羅にステーキ、焼きガニに手巻き寿司の実演と、そのバリエーションも豊富です。
undefinedundefined

焼きガニの実演コーナー


お好きな料理を取りそろえ、ワインでおしゃれに乾杯! 親しい友達や恋人との会話も弾みます。
undefinedundefined

リッチな料理とワインで会話も弾みます

スキーインでお食事&お買い物!

トマムを語るのにもう一つ忘れてはならないのが、2017年12月にオープンした「ホタルストリート」。冬山をスキー・スノーボードで滑るだけではなく、「ゲレンデ内で食事や買い物なども楽しみ尽くしてほしい」という想いから誕生したというこのエリアはコースのすぐ側に作られており、直接スキーのままインアウトができる日本初の施設です。
undefinedundefined

新しくオープンしたホタルストリート


タワーとリゾナーレの中間にあるこの一画には新しく9つの店舗が誕生しました。ハスカップやメロン、ムースを使った可愛いカップスイーツを販売するsweets「ゆきの」や……
undefinedundefined

イチゴやメロンを使った可愛いカップスイーツ


グリーンアスパラなど北海道らしい素材を使ったオリジナルサンド「とまこっぺ」と一緒に珈琲、ビール、日本酒が楽しめるcafe&bar「つきの」
undefinedundefined

ずらり並んだオリジナルサンド


また、北海道初出店というボウルハウス「Eni(エニ)」は、エビやカニなど海鮮素材を使った丼のお店。トマムの雲海をイメージした「雲海エビ天丼」やソフトシェルクラブを丸ごと使った「丸ごとチリクラブ丼」、またイクラ、ウニ、エビなどプリン体素材がたっぷりの海鮮丼「極み☆痛風丼」など、ユニークなメニューが取りそろえられており、ランチタイムはスキーヤーだけでなく海外からの観光客もこの変わり種海鮮丼を楽しんでいました。
undefinedundefined

その名もユニークな痛風丼


極上のパウダースノーあり、垂涎のグルメあり、そしてゴージャスな雰囲気もいっぱいの「星野リゾート トマム」。ここは一泊だけで帰ってしまうにはもったいない、スペシャルな北海道のリゾートと言えましょう。
undefinedundefined

スペシャルなリゾート、トマム


【星野リゾート トマムのDATA】
宿泊施設:ザ・タワー、リゾナーレトマム
営業期間:2018年12月15日~2019年4月1日
住所:北海道勇払郡 占冠村中トマム 
交通アクセス:
JR 千歳空港から南千歳での特急乗り継ぎで、約1時間
直行バス 札幌、千歳空港、帯広、旭川からバスライナーが運行
詳細はこちら https://www.snowtomamu.jp/bus/
電話(代表)0167-58-1111 (ゲレンデ)0167-38-2101

その他
宿泊パック、モーニンググローリー、キッズスキー、スノーアクティビティーなどの詳しい情報は、次のオフィシャルサイトを参照
https://www.snowtomamu.jp/winter/

関連記事
氷の村でティーパーティー!?トマムのアイスヴィレッジ
北海道のおすすめスキー場 !人気のゲレンデ18選/2019年版
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。