沖縄手作りものの逸品に出会える
那覇のセレクトショップを巡ろう

説明画像

田中紀子作の紅型作品。肩掛けバッグ1万2960円、幾何学模様が斬新なクラッチバッグ7776円、三輪車柄が可愛いブローチは1620円、バレッタ2268円。titutiOKINAWANCRAFTで購入できる

ここ2~3年で、やちむんや紅型などの伝統工芸に、新しい感覚のデザインや手法を取り入れた沖縄クラフトへの注目度が高まっています。那覇の中心地には、個性的で新しい感覚の島の工芸品や雑貨を販売するセレクトショップが点在していて、観光客はもちろん、地元のおしゃれに敏感な女子も休日にショップ巡りを楽しんでいます。今回は、特におすすめのショップを巡りながら、沖縄雑貨の世界にはまるプチトリップを楽しんでみましょう。(各ショップの商品は1点ものが多いので売り切れの場合があります)


4人の女性工芸作家の作品が集う
「tituti OKINAWAN CRAFT」

説明画像

ガラス張りで明るい光が差し込むギャラリーショップ。展示のレイアウトも部屋のインテリアの配置のお手本になりそう


スタートはゆいレール牧志駅。久茂地川の上に架かった線路沿いを、美栄橋駅方面へ約5分ほど歩いていくと、コンクリート造りの沖縄らしい建物の1階にガラス張りの雑貨店「tituti OKINAWAN CRAFT」が見えてきます。パラダイス通りで人気を博したショップで、2015年11月にこの場所に移転したばかり。新商品も続々と登場中です。

4人の工芸作家さんと運営スタッフによるコンセプトショップ。紅型作家の田中紀子さんの作品は、紅型の枠を超えたデザインが個性的。幾何学的なものや現代風のモチーフのものから、沖縄の自然や動物まで様々ですが、どれも構図や色味が独特。アレンジが効きそうなバッグ類は特に注目です。

説明画像

長池朋子作の織小物。アレンジしやすいItoショール4536円、文庫サイズのブックカバー3024円、ペンケース2808円、名刺入れ2268円


布ものでは、八重瀬町にある機織工房しよんのメンバーでもある長池朋子さんの織物を販売。沖縄の伝統的な織技法で鮮やかな糸を紡ぎ、レトロさを残した新たな織物の世界を展開しています。暖かい手触りで、普段使いにも、お土産にもおすすめです。

説明画像

金城有美子作のやちむん。タンポポゆのみ1620円(中左)、レインボートールカップ2808円(中右)。奥のカトラリーは西石垣友里子作品。アニマルスプーン2700円~は、先っぽが相思樹、本体には琉球松などを使用


沖縄やちむん(焼物)は、独特の色使いで人気の陶芸家、金城有美子さんの作品が手に入ります。クレパスで塗ったようなキュートな色合わせが女性に大好評ですが、沖縄の中では一番の品揃えです。また、木工作家の西石垣友里子さんのカトラリーやアクセサリーにも注目。沖縄の木を使った優しいアイテムばかりで、長く愛用したい逸品です。

tituti OKINAWAN CRAFT
住所:那覇市牧志2-23-6
電話:098-862-8184
営業時間:9:30~17:30
休み:木曜
アクセス:ゆいレール牧志駅から徒歩約5分