うっかり口にしていないかをチェック!

口から発する言葉は、音となって自分の耳で聞き、心で感じとり、思考にも大きな影響を及ぼすものです。

自分が発した何気ないマイナスの言葉で、自分の考え方にマイナスの影響を及ぼし、その結果貯蓄がうまくいかない……という負のスパイラルに陥ってしまう人もよくいます。

日々を楽しみながら、上手に貯蓄をしている人は、物事のスタート地点ともいえる“何気ないマイナスの言葉”を口にしない人がほとんど。そこで今回は、1000万円以上貯まっている人が言わない口グセについて、3つ紹介します。
1000万円貯めている人が言わない口癖

普段の何気ない口グセが、お金が貯まらない原因になっているかも!?

 

言わない口グセ1:「どうせ私(僕、俺)なんて」

「どうせ私なんて、コツコツできないからお金が貯まらない」「どうせ僕は、貯蓄には向いていない」などと、自分のことを低く考えているような言葉は、1000万円以上貯めている人からは聞かれません。

「どうせ」と思ってしまった時点で、状況が現状維持どころか、どんどん後退してしまう道を進んでいってしまうからです。

「どうせ自分は、××だ」という言葉で悪い方向に考えてしまう人は、口グセをちょっと変えてみましょう。「自分は××だから、○○しよう」というふうに考えるのです。

「どうせ私なんて、コツコツできないからお金が貯まらない」

「私はコツコツできないから、自動積立定期に申し込もう(コツコツしなくても勝手に貯まります)」

「どうせ僕は貯蓄には向いていない」

「僕は貯蓄には向いていないから、超初心者向けの本を読んでみようかな(または、貯められている人にアドバイスを聞いてみようかな、等)」


という具合に。

自分のマイナス面を見つめて落ち込むのではなく、手っ取り早い解決策を同時に考えることで、「貯まらない人」から「貯まる人」に変わっていけるはずです。
 

言わない口グセ2:「いいな~○○さんは」

他人のことをうらやむような「いいな~○○さんは」という言葉も、1000万円以上貯めている人からは聞かれません。「○○さんはズルい」「○○さんは恵まれている、自分はそうじゃない」などと、他人と比較してねたむような言葉も同様です。

収入も育った環境も能力も見た目もスタイルも……人によって異なるのは当たり前のこと。他人をいくらうらやんでいても、自分がむなしくなっていくだけで、よくなっていくことはないでしょう。

1000万円以上貯めている人は、「人は人、自分は自分」と考えて、自分ができることに取り組む人が多いです。その結果、自分のできることから取り組むようになり、貯蓄もどんどん増やしていくことができるのです。
 

言わない口グセ3:「お金がない」

「そりゃ、1000万円以上あるんだから、『お金がない』なんて言わないのは当たり前でしょう!」と思われたかもしれません。

いえいえ、そういう意味ではないんです。今お金がたくさん貯まっている人も、昔をさかのぼると貯蓄が少ししかないときが必ずありました。でも、「1000万円貯めたい!」と思ったときから、「お金がない」という言葉を口にしない人が、1000万円の貯蓄を実現できているのです。

ただ、今のこのさまざまな状況から、お金の面で苦しい思いをしている方もいらっしゃると思います。

しかしそんな中でも、解決策を見つけて、一歩ずつ前に進んでいく人もいます。何かしようと思ったときに、「お金がないから無理だ」「お金がないから、何もできない」などと早急にあきらめてしまうと、前に進めなくなります。

「○○をするために、今はお金を貯めよう」「今はお金がないから、お金が貯まるように、何かを変えてみよう」と意識を前に向けることが、1000万円という大きなお金が貯まる近道だといえるでしょう。

もちろん、「お金を1000万円貯めること=幸せ」というわけではありませんが、日々を楽しみながら、無理なく1000万円を貯めたことで、理想以上の住宅購入や留学、老後の安心感など、夢を実現できたという声も多数あります。そういった大きなお金を必要とする夢や目的がある方、そして「1000万円はまだ遠いので、まずは100万円が目標」という方も、これを機に、日々口からこぼれ出ていく言葉について、ぜひ見直してみてください。

「あ、この言葉、うっかり言っているかも……」というものがあれば、今日から意識チェンジを。貯蓄ができる人に、一歩踏み出せるはずですよ!

【ガイドの関連記事・動画をチェック!】

【編集部より無料オンライン講座のお知らせ】
参加者には抽選で参考書籍をプレゼント!
人気FPが解説「教育費を貯めながら将来にも備えるマネー講座」
協賛:大和証券株式会社


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。