それでは本題に入りましょう。

金魚は弱い!生き物だと思っていませんか? 夜店で金魚を掬ってきてもすぐに死んでしまう、余り生き残らないと言った声をよく耳にします。しかし、本来金魚は、丈夫で飼い易い生き物です(中には特殊な飼育を強いられる種類もいる)。また、冒頭でも触れましたが、日本では古来よりペットとして親しまれてきた、馴染みの深い魚でもあります。では、そのような丈夫な金魚なのに、“金魚掬いの金魚”は、何故長生きしないのでしょうか?

赤い金魚・黒い金魚

おおまかに2つの問題が考えられます。
  • 金魚に問題がある。
  • 飼育する側に問題がある。

販売魚の問題

この事は、金魚が弱い魚と思われる原因の最たる原因なのでしょうが、その「金魚掬い」という特質上、金魚は複数の人間により、追いまわされた挙句掬われる事となります。金魚の体には細かな傷が付くでしょうし、当然ストレスを感じ弱ってしまいます。また、飼育知識のない人間が、1つの商品として提供しているのも魚を弱らせている原因の1つでしょう。


飼育する側の問題

金魚を掬って来るという行為は、概ね突発的な出来事だと思われます。ですから、飼育する側に飼育設備の用意、知識の準備といったものがないまま受け入れられるので、適切な対応がされていない事が往々にして見受けられます。結果、金魚にとって過酷な環境を強いる事があります。

魚の問題は、「余り弱っているものを掬わない」ことぐらいしか対処のしようがないですが、「飼育する側の問題」はいくらでも改善する事ができます。それでは、金魚の飼い方について最低限必要なことを簡単にまとめてみます。

まず、容器と水を用意しなくては、なりません。

容器

水槽が望ましいのですが、なければ洗面器などのように口の広い器で代用できます。水量のあるものが良く、できたら簡単なろ過器かエアーポンプがあるとさらに良いです。

飼育水

水道水には消毒用のカルキが混入されているので、そのまま金魚を放すと死んでしまいます。カルキ抜きがあればそれで中和を、なければ一晩汲み置いた水を使います。

その間、金魚は袋のまま直射日光の当たらない、涼しいところにおいておけば大丈夫ですので、準備ができたら容器に放します。

その後の管理の注意点としては、1~2日に1回食べ残しの無いように餌を与える。多くの人が餌の与えすぎで水を汚し、水質悪化から魚を殺してしまうので少なめに与えるのがコツです。月に1~2回水量の半分程度をカルキを抜いた水で換える。以上を適切におこなえば、思った以上に簡単に飼育でき、上手に飼えば10年以上付き合っていける魚なのです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。