この時期、忘年会や新年会で鍋を食べに行くことも多いのでは? そこで今回は、肉系鍋と魚系鍋の都内の2軒をご紹介! どちらも甲乙つけ難いほどの絶品鍋です。


イタリアンな牛鍋とは?

ビストロ割烹koda

ビストロ割烹koda

まず肉鍋から。目黒駅から徒歩数分、「ビストロ割烹koda」は和とフレンチを融合した、創作料理のお店。名物が写真の「特製トマト味噌の牛なべ」(1人前2800円)なのです。牛肉は主に熊本県産の黒毛和牛。その中でも、特に脂ののりがいい肩ロースを使用しています。


上質な黒毛和牛を使用。写真は2人前

上質な黒毛和牛を使用。写真は2人前

小さな鉄鍋に角切り肉を入れるというスタイルは、明治期に流行した牛鍋を彷彿とさせますね。玉ねぎの上に添えられた、自家製のトマト味噌が味の決め手。八丁味噌や西京味噌など、4種類の味噌をブレンドし、そこに生のトマトを加えてじっくりと練り込んであります。

特製トマト味噌の牛なべ

特製トマト味噌の牛なべ

肉に火を入れつつ、この味噌を割り下に溶かしていただけば、トマトのフレッシュな甘みや酸味があふれでてくるというワケです。ともするとクドくなってしまう、サシの入った黒毛和牛が、トマトによってさっぱりといくらでもいただけます。

シメは、牛の旨みがこれでもかってくらいにしみ出したおツユで雑炊に。最後の1滴まで楽しめます。

■ビストロ割烹koda
【所在地】:東京都品川区上大崎2-13-26 メイプルトップビル B1F
【電話番号】:03-6450-2555
【営業時間】:11:30-14:30,17:30-23:00
【定休日】:日
【地図】:Yahoo! 地図情報


プリプリな新鮮サバをしゃぶしゃぶでいただく!

主水 日本橋店

主水 日本橋店

魚介系鍋でオススメが、「主水 日本橋店」でいただける「さばしゃぶ」(1人前1706円)。ブリのしゃぶしゃぶはよく見かけますが、サバのしゃぶしゃぶは珍しいもの。

こちらは、島根県のアンテナショップに併設した居酒屋で、島根沖で穫れた鮮度抜群の生サバを毎日直送しているそう。足が早いと言われる青魚ですが、こちらのサバは身のプリプリ感が違います!


プリプリの身は新鮮そのもの

プリプリの身は新鮮そのもの

醤油をきかせたダシ汁にさっとくぐらせれば、サバから脂があふれだし、それが甘みに変わります。このダシ汁、見た目にはちょっと濃いように思いますが、意外にもさっぱりといただけるのです。好みでおろしニンニクを加えるのもアリ! ほどよいパンチがきいて、お酒がどんどん進みます。

さばしゃぶ。写真は2人前

さばしゃぶ。写真は2人前


また、添えられたタマネギや大根などの野菜と一緒にいただくことで、さらにサバの味わいが引き立ってくるのです。

シメにはうどんをどうぞ! 具材の旨みがとけだした汁をトコトン堪能できます。

■主水 日本橋店
【所在地】:東京都中央区日本橋室町1-5-3 にほんばし島根館
【電話番号】:03-3231-2213
【営業時間】:11:00-14:30(土日は15:00まで),17:00-22:30(日は21:00まで)
【定休日】:無休
【地図】:Yahoo! 地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。