シェアリングエコノミーサービスを使うときに気を付けたいこと

まだ新しい分野のため、海外で普及しているサービスの中には日本国内では法規制に抵触するものもあります。国や自治体による規制解除の動きが出始めていますが、貸し出すものによっては関連する法規制に抵触する場合がありますので、事前にしっかり情報収集をしておきましょう。

■関連する主な法律
  • 旅館業法
    ホテルや旅館など、宿泊料を受けて人を宿泊させる営業(旅館業)を行う場合には、都道府県知事等の許可が必要であることが定められています。シェアリングエコノミーサービスを利用して空き部屋等を貸し出した場合でも、貸し出した物件の所有者が宿泊料を受けると、旅館業法違反とみなされる可能性があります。
  • 道路運送法
    無許可の自動車を使ってタクシーを営業する、いわゆる『白タク』行為を禁止する法律です。許可なく一般の人が自分の車を使ってお客さんを乗せて対価を得ると、道路運送法違反とみなされる可能性があります。

また、個人間の取引のため事故やトラブルの際の対応に不安があったり、知らない人が出入りすることでご近所の方が不安に思うこともあります。サービスを利用する際には、トラブル時の対応策が取られているかどうかを確認したり、事前に周囲の人の承諾を得ておくといった配慮をしておくといいですね。

まだまだこれから発展していくと考えられるサービスですが、私たちのライフスタイルを大きく変える可能性を秘めています。今後、この分野でさらに新しいサービスが出てくることを期待しています。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。