観光地巡りに飽きた人必見!ひと味違う旅を

tabi

観光地でも現地の人たちと触れ合えるが、もっと現地を体験できる旅がある

定番の観光地を巡るより、もっと現地の人たちと触れ合いたい。海外に行けば行くほど、そんな欲求が出てくる人も多いのでは。ここではそんな観光地めぐりに飽きた人たちに向けて、現地の人たちと触れあえるサービスを5つご紹介。現地の人たちと触れ合ってみたり、現地の文化・生活を体験する。またボランティアを通して世界中の問題を考えたり、自分の趣味や仕事の延長線上にある世界をのぞいてみたり。ひと味違う旅を楽しんでみては。

ロンドンで、フットサル!
現地で同じ趣味の人たちと交流できる「Meetup」

「Meetup」というネットワークをご存知ですか。コミュニティーをつくるプラットフォームサービスである「Meetup」では世界約180カ国、約20万グループ以上がつくられ、毎日地域のコミュニティで活動をしています。テニスや登山、写真、異文化交流などありとあらゆるグループが存在する、いわゆる世界規模のサークル活動ですね。このサービスを利用すると、たとえばロンドン旅行のついでに、フットサルや英会話サークルに参加することも可能に。現地の同じ趣味の人たちと交流できるんです。同じ趣味の人たちなら、言葉の壁もきっと乗り越えられるはずです。

インドで、看板めぐり!
ユニークな現地ツアーが見つかる「Voyagin」

日本を含むアジア(50以上の地域)で、2000以上のツアーに参加できる「Voyagin」。旅慣れた人たちはツアーという言葉を聞くだけで、逃げ腰になる人もいるのでは。ご安心ください。ここのツアーは一癖も二癖もあるものばかり。たとえば、インドのデザイナーさんとインドらしい手書きの看板をめぐるツアーや、バリ島で地元のシャーマンと出会うツアーなど。案内してくれるホストが現地の人なので、リアルでディープな情報も得られますよ。

ただ、注意点があります。ツアーを主催しているのは専門業者に限らず、主に一般の人です。ツアー登録する段階でVoyaginが登録者に対し審査を行っているものの、旅行会社のツアーのように、必ずしも安全性が約束されているものではないことを覚えておきましょう。

世界で、世界の問題を考える!
国際交流や国際協力のボランティアツアー「H.I.S.」

「世界の人々との交流を通して、自分を磨く旅」をテーマに、さまざまなボランティア・スタディツアーを提供する「H.I.S.」。学生から社会人までを対象にした国際協力ツアーからビジネスマン向けの企業視察ツアーまで、目的に応じて選べます。また日本国内限定ですが、個人では入れない場所や社会問題の現場を見て学べる「Travel the Problem」もおすすめ。同性婚を考える新宿2丁目ツアーなど、ユニークで考えさせられるツアーが目白押しです。

現地の家庭で、ごはん!
現地の家庭料理を食べる旅「KitchHike」

一人旅で一番困るのが食事、という話をよく聞きます。そんな一人旅好きの人におすすめなのが「KitchHike」。「世界の家庭料理を旅しよう!」をテーマに、料理を作る人と食べる人をつなぐマッチングサイトです。現在700を超えるメニューがあがっており、旅先の家庭でご飯を食べたり、日本で外国人の母国料理を食べたり。これで一人旅の食事もたのしくなること間違いなしです。

タイムズスクエアで、ヨガ!
世界の絶景ヨガレッスンを探せる「旅するヨガ」

旅に出るとどうしても体がなまりませんか。そこでおすすめなのが、「旅行ついでに、ヨガしよう!」をテーマに、1時間のレッスンからドロップインできる世界中のヨガレッスンを紹介する「旅するヨガ」。海や山でのヨガをはじめ、タイムズスクエアでのヨガ、パリのかっこいいスタジオでヨガなど。まるでそこに暮らしているように、現地の人たちに混じってヨガが楽しめます。あなた好みの絶景&気持ちのいいレッスンが見つかるはずです。


なお、「Meetup」「Voyagin」「KitchHike」では、イベント概要・重要事項・イベントレビューまたはコメントなどが英語で表記されています。内容をしっかりと把握し、自分に合ったイベントやツアーであるか吟味したうえで、参加の判断を行ってください。

いかがでしたか。趣味趣向にあわせて、いろんなサービスを組み合わせるのもひとつの手です。あなたならではの、ひと味違う旅を楽しんでくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。