オスカー・ニーマイヤー展 エピローグ 官能の椅子


さて、最後のコーナー:エピローグでは、プロローグ同様、ニーマイヤーの官能的な椅子が展示されている。

エピローグコーナー風景

エピローグコーナー風景 ●クリックすると拡大します。


まずは、アルタ・アームチェア/Alta Arm Chair。

アルタチェア画像

アルタチェア  ●クリックすると拡大します。

ふっくらとしたボリュームのある座面と背。それをおおらかに支える曲線の脚。
いかにもニーマイヤーらしく、豊かな抱擁感のある椅子だ。
木材成型合板と革のクッションによるイージーチェア(安楽椅子)。

アルタチェア・正面斜め左からの画像

アルタチェア・正面斜め左から ●クリックすると拡大します。


いかにも座り心地が良さそうな豊かなシートクッションと接合部が美しい。そして熟考されたディテール(細部)に、見入ってしまう。

アルタチェア 側面の画像

アルタチェア 側面 ●クリックすると拡大します。


アルタチェア・背面の画像

アルタチェア・背面 ●クリックすると拡大します。


アルタチェア・背面ジョイント部分1の画像 アルタチェア・背面ジョイント部分1undefined

アルタチェア・背面ジョイント部分1の画像 アルタチェア・背面ジョイント部分1 ●クリックすると拡大します。


アルタチェア・部分の画像

アルタチェア・部分 ●クリックすると拡大します。


ここでも思ったのが、建築家がデザインする椅子は、その人の建築・デザインに対する考えが凝縮されていること。


この椅子に関するニーマイヤー自身が描いた面白いイラストが展示されている。
同時代の建築家、それも20世紀建築界の巨匠と言われるル・コルビジェ(フランス)、ミース・ファン・デル・ローエ(ドイツ)とマイヤーの椅子のイラスト。

ニー・マイヤーが描く椅子のイラスト

ニー・マイヤーが描く椅子のイラスト ●クリックすると拡大します。


上がコルビジェのLCシリーズ、真ん中が、ミースのバルセロナチェア、そして下が、ニーマイヤーのアルタチェア。
いずれも超名作椅子として君臨するイージーチェア(安楽椅子)である。それぞれの椅子は、デザイナー(建築家)の考えや思考が表れている、から面白い。

もう一脚、ある。
まるで、優美なポーズをとる女性が横たわっているような椅子:マルケーザ・ベンチ/Marquesa Bench

マルケーザ・ベンチ/Marquesa Benchundefined

マルケーザ・ベンチ/Marquesa Bench ●クリックすると拡大します。


非対称の両サイドの肘を持つ椅子。垂直線の座からクる~りと巻きおさまる肘にかけて細まっていく「厚さから薄さ」が、とても官能的。

ちなみに、Marquesasとは、南太平洋、ポリネシア東部にある火山島群。12の島からなり、1842年以降フランス領。この諸島のヒバ・オア島で1903年に画家:ゴーギャンが没したところ。


ブラジルの近代建築の父、ブラジルの世界遺産をつくった男、ル・コルビジェとの共同製作、家具デザインから建築までデザインするオスカー・ニーマイヤー。
とにかく、官能的な美しい造形が印象的だ。

長寿ながらも没したニーマイヤーだが、こうして私たちに残してくれた建築、家具を通し、現代建築や家具デザインに語りかけてくる言葉、重く深いものがある。

来年、2016年のリオデジャネイロでオリンピックが開催される。世紀の祭典と言われるオリンピック同様に、その地:ブラジルでエネルギッシュに建築デザインした20世紀最後の巨匠建築家と賞賛されるニーマイヤーのデザインが、熱く語られることは間違いないだろう。

……………………………………………………………………………………………
■今回の関連リンク

0

 


→東京都現代美術館
【オスカー・ニーマイヤー展オフィシャルサイト】






1

 


石川 尚のオフィシャルブログ
只今更新中♪







☆不定期配信、暮らしのデザイン情報・デザインコラムをお送りしています!・・・『ファニチャーメルマガ』、登録(無料)はこちらから。
☆ガイドのエピソードが満載のインタビューはこちらから!

★掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。

Copyright(c) イシカワデザイン事務所 (ISHIKAWA DESIGN OFFICE) All rights reserved


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。