「川」という名の町

コルゾ通り

いつも人々で賑わう町のメインストリート「コルゾ通り」


首都ザグレブから南東に約185km、アドリア海最北に位置する町「リエカ」。“リエカ(Rijeka)”とはクロアチア語で「川」という意味。その名の通り、町の中心付近を川が流れています。クロアチア最大の港町としても知られており、古くからこの辺りの地域の重要な物流拠点として発展してきました。

ところでこの町はもうひとつ「フィウメ(fiume)」という名前を持っています。「フィウメ」とはイタリア語の呼び方で、同じく「川」という意味。かつてここはイタリアの領地であった影響もあり、現在でもしばしば「フィウメ」という名前で呼ばれることもあります。実はリエカがクロアチア領となったのはつい最近のこと。かつては東ローマ帝国、ヴェネチア帝国、オーストリア帝国などなど、様々な民族や帝国の支配下におかれ、第一次世界大戦後はイタリア領でした。1947年からは 旧ユーゴスラビ領となりましたが、1991年のクロアチア独立と同時にクロアチア領となったのです。様々な国や民族が入り混じる、クロアチアの複雑な歴史背景を物語る町でもあります。

このようなユニークな歴史を持ったリエカ。町を歩いているとクロアチアの他の都市とは異なり、近代的で新しい町並みであるという印象を受けます。それは1750年に起きた大地震で、それまでの歴史的な建造物がほとんどすべて破壊されてしまったため。ですが、よく観察しながら町歩きをしていると、ローマ時代の古い遺跡が目につくこともあり、町の歴史をしのぶことができます。

リエカの観光シーズン

1年を通して比較的穏やかな気候であるリエカ。町は1年を通して賑わいますが、特におすすめなのがカーニバルの時期。毎年1月~2月にかけて、中世から続くリエカ・カーニバル(Rijecki Karneval)が行われます。クロアチア最大規模、そして世界で3番目に大きい国際カーニバルとして知られており、毎年世界中から多くの人々が訪れ町は賑わいを見せます。

なお、カーニバル開催期間中は、リエカ市内のホテルは宿泊費も高く連日満室となるため注意が必要です。この時期にリエカ観光を検討されている方は、ホテルはリエカ近郊のオパティヤを検討したり、移動途中に立ち寄ってカーニバルを見学することをおすすめします。