いとこと同じ名前でも支障はない

baby

親類や知人と同じ名前でもよい

Q. 漢字は違いますが、いとこと同じ呼び名になる名前をつけたいと思い、母に言ったところ、とても嫌がられて口論になってしまいました。いとこも「別にかまわないし嬉しい」と言ってくれましたし、他にあまりピンとくる名前が無いのですが、しこりを残さないために別の名前にしたほうがいいのでしょうか。

A. まず、名づけは親自身が本当に気に入って後悔しない名前をつけることが大切で、他人の感想を聞いて回るというのは禁物です。たとえ母親でも、候補の名前を不用意にしゃべってはいけません。口論になったのはご自分にも落ち度があるということは認めて下さい。いとこと同じ呼び名になること自体は、とくに問題はありませんので、本当に好きな名前で、難点のない名前であれば、つけたほうがいいでしょう。

親類や知人の子と同じでもさしつかえない

わが子につけたい名前の候補が、親類や知人の子と同じになってしまう、といって心配される方もいます。でもそれは、たまたま好きでつけたい名前が一致した、ということに過ぎません。

後からつけたほうが真似をしたみたいに見えてしまうかもしれませんが、悪びれることではありません。承諾をとったり、謝ったりする必要はないのです。「これが私の好みの名前なのだ」と、堂々とおつけになればいいのです。

しかしどうしても自分が引け目を感じてしまって平気ではいられない、ということでしたら、そういう気分で名づけをすること自体が良い名づけとは言えませんので、やめておいたほうがいいでしょう。

ただし近い親類で同じ名前の人がいると、親戚が集まるたびに同じ名前の人が二人いて混乱する、という程度のことは起きます。でもそれは、同じ屋根の下で同居でもしない限り、名づけを考える上での重大な要素にはなりません。

先生と言われる職業の人は名づけに悩むことが多い

実際に世の中では、自分と同じ名前、あるいは自分の子と同じ名前をつけられたからといって怒る人というのはあまりいません。その名前が良い名前だと気に入ってくれているのですし、自分や自分の子に対するイメージも悪くない、という証拠でもあるのです。

逆に言えば、同じ名前の人のイメージが良くないと、その名前までよく見えない、ということは多いのです。ですから案外、たくさんの名前を見てきている保育園や学校の先生の中に、自分のお子さんの名づけで困っている人がよくいます。「どの名前を見ても、同じ名前で手を焼いた子を思い出してしまう」とおっしゃるのです。そうなりますと、名づけがしにくくなる、まことにお気の毒な仕事ということになります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。