飲み会にもコスパがある

飲み会のコスパを考えてみよう

飲み会のコスパを考えてみよう

仕事であろうと、プライベートであろうと、飲み会と名のつくものにはコストパフォーマンス(以下コスパ)があります。

むしろコスパを意識しないと飲み会は苦痛であったりムダな金づかいになってしまいます。

特に仕事の飲み会につきあわされ、会費は自分持ちのようなケースで、しかもコスパが低いのは最悪です。

そろそろ年末で会社の忘年会シーズンです。仕事の飲み会のコスパを見極め、できればコスパを高くする方法を、マネーハックの目線からいくつか考えてみましょう。

コスパの悪い仕事の飲み会のパターン

仕事の飲み会のコスパはおおむね3つのポイントに分けられると思います。

1.飲食のコスパ
2.交友関係のコスパ
3.仕事関係のコスパ

それぞれ簡単にまとめてみます。

1.飲食のコスパ……飲食そのもののコスパは成り立っているか、というのが第一のポイントです。会費がバカ高い割に食べ物のグレードが低かったり、好みのお酒がまったくない場合などがこれに当たります。

2.交友関係のコスパ……出席者の中に話をしたい人がいる、久しぶりに会える同僚がいるので参加が楽しみ、あるいはちょっと狙っている異性がいる、などの場合は交友関係をステップアップする価値がありますから、飲み会のコスパが高まります。

3.仕事関係のコスパ……単なる交友関係ではなく、仕事上この席にいたほうがいい、というコスパもあります。いやな表現ですが、「いないとマイナスがある」という負のコスパ問題が生じる場合もあります。

コスパ別対策方法を考えてみる

3つコスパのキーワードをあげたところで、仕事の飲み(会費は自腹であるケース)について、それぞれコスパをあげる方法があるか、欠席にして逃げることはアリかどうか考えてみましょう。

1.飲食のコスパ……これは幹事次第といえます。毎回違うお店を見つけて設定してくれる場合、新しいお店というプレミアムもありますし、おいしいことが分かっているお店が会場になるならコスパは計算しやすくなります。

困ったケースは明らかにコスパが悪いお店が会場となる場合で、これは飲食のコスパだけ考えるならなんとかパスできないか考えることになります。

→飲み会コスパ問題の続きは次ページへ