【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

その人は本当にセカンドパートナー?

セカンドパートナーで心の隙間を埋めようとしていない?

セカンドパートナーで心の隙間を埋めようとしていない?

最近、セカンドパートナーという、新しい間柄が話題となっています。
これは、「結婚している人が、配偶者以外の異性とHをしないで愛情を深めていく関係」のこと。不倫とは違います。

ただ、ハッキリ言ってしまえば、セカンドパートナーを“求めている”時点で、いい関係は築けないでしょう。

私自身、以前、「不倫をするくらいなら、プラトニックに関係を深めていった方が、人生の実りになる」といったことは書いたことがあります。(「不倫妻より“プラトニック不倫”」

ただ、それと“能動的に”セカンドパートナーを作るのは、話が違います!

結婚をしていても、ふと恋に落ちてしまうことはあるものです。その恋を進めてはいけないこともあります。そんなときに、「プラトニックな関係=友情を築く」のはアリだと思います。

でも、うまくいかない結婚生活を誤魔化そうと、わざわざセカンドパートナーを見つけるのは違います。それは、一番心を通わせなくてはいけない相手は、パートナーのはずだからです。そこを逃げちゃ、ダメですよ!

“セカンドパートナーを求めてしまう既婚者”には、ある落とし穴が待ち構えていることも多いものです。
 

セカンドパートナーを求める人の落とし穴

男女の友情の鉄則は、「相手に求めない」こと

男女の友情の鉄則は、「相手に求めない」こと

セカンドパートナーを求めてしまう既婚者は、そもそもうまくいかない現状、そして自分の心の隙間を、セカンドパートナーの存在で埋めようとしています。
そんな都合の良い相手を求めていては、いい関係なんて築けないものです。

なぜなら、肉体関係を持たない男女の友情の鉄則は、「相手に求めない」ということだからです。
お互いに自立した同士で、一人でも立っていられる状態だからこそ、理性を持ち、お互いに変な距離の縮め方をしないでいられるのです。

逆に、誰かに自分の寂しさを埋めてもらおうと依存し、心が弱っている状態の時に寄ってくる男性というのは、相手の隙に入り込もうとする人が多いものです。
それによって、「セカンドパートナーだから」という言い訳をしながら、じわじわと距離を縮めていき、最終的には肉体関係まで持っていくことを狙っている男性だっているでしょう。

むしろ、本当に女性と“不倫ではない、いい関係”を築きたい男性は、そんな一人で立っていられない女性は選ばないものです。
逆に、女性側だって、相手に寄りかかるようなことはしないものです。それが、うまくやっていける秘訣だと分かっているからです。

ハッキリ言ってしまえば、私はセカンドパートナーという言葉は嫌いです。罪悪感を持たせないような、耳触りのいい言葉になっていますが、私から見れば、「不倫よりはマシ」レベルです。

本当に心を通わせ、愛を育まなくてはいけないのはパートナーのはず。その関係がうまくいかないのであれば、セカンドパートナーを求めるのではなく、シンプルに“友達”に相談して、夫婦関係の改善を試みた方がいいのではないでしょうか?

向き合わなくていけないときに、そこから逃げる人は、本当に大切なものを失ってしまいますよ?

私の周りにも、結婚をしているけど、外でプラトニックな関係で異性と友情を深めている女性はいます。ただ、彼女自身、夫婦関係は円満です。だからこそ、その彼ともいい距離感で関係が築けているのです。

始めに「プラトニックな関係=友情を築く」のはアリ、だと書きました。
中には、「友情ではもの足りない」と考えている人もいるでしょう。そんな人は、本当の愛を誤解しているのかもしれません。
  

“巷の恋愛における愛情”と“本当の愛”の違い

友情はある意味、プラトニックラブ

友情はある意味、プラトニックラブ

私は、巷にある恋愛における愛情は、本当の愛ではなく、自己愛が多いと見ています。
それだけ多くの人が、本当の愛を勘違いしているとも言えるでしょう。

人は、「相手を求める気持ち」や「必要だと感じる思い」を、愛だと考えがちです。
でも、実際は「相手を欲しい」というのは、愛情ではなく欲望です。
つまり、人を好きになった時に抱く、「相手を自分のものにしたい」という思いは、どちらかというと、愛ではなく欲望の話なのです。

本当の愛情は、「相手がHAPPYなら自分もHAPPY」です。極端なことを言えば、好きな相手が自分のパートナーにならなくても、それでも相手を大切に思う気持ちこそが愛情です。
逆にそんなとき、「自分のものにならなければ、意味がない」と憎しみを抱く場合は、相手を好きなのではなく、抱いているのは単なる自己愛であり、自分の欲望に振り回されているだけのことなのです。

さらに言うと、「相手を必要とする思い」も、愛というよりは依存であり、自己愛です。本当の愛は求めるものではなく、与えるものだからです。「相手を喜ばせたい」「幸せにしたい」、そんな思いこそが、愛なのです。

 

友情はある意味、プラトニックラブ

多くの人は、「相手を求める思いこそが愛情で、友情は愛とは違う」と思いがちです。
ただ、私自身は、友情は大きな意味で「愛」だと考えています。極端なことを言ってしまえば、友情はプラトニックラブに近いものだとも言えます。人として惚れなければ、友情なんて築けないですしね。

そんなことを言うと、「じゃあ、友達とHをできるのか?」なんて質問が出てきそうですが、何度も言いますが、Hをしたくなるか否か(=性的にそそるか否か)は、どちらかというと欲望の話なのです。

もちろん、「Hは特別な行為だからこそ、愛する人としたい」と思うことは理解できます。さらに、「自分にとって大切な行為は、あの人とではないと考えられない」いう思いには愛が感じられます。
ただ、その思いは置いといて、その行為をしたいか否かという観点だけで言えば、それは愛とは関係なく、欲望と関係する話なのです、

もちろん、愛する人と1つになる行為は、素敵なことです。ただそこには、欲望も付随しているのも事実です。だから、その欲望がついてこないから(=相手とはHしたくないから)、相手を愛していないか?というと、そうとは言えないのです。愛とは違う話だからです。

それでは、最後のページで、今までのことを踏まえた、「魅力的な異性と、恋愛ではない“いい関係”を築くための3つの秘訣」を紹介します。
 

異性と“いい関係”を築くためには

異性といい関係を築くのは、むしろ恋愛よりも難しいこともある

異性といい関係を築くのは、むしろ恋愛よりも難しいこともある

魅力的な異性と、恋愛(不倫)ではない“いい関係”を築くために大切なことは、下記の3つです。

(1)相手がいなくても、充実している日々を送れていること(相手に依存しない)。
(2)お互いに、人として尊敬し合える部分があること。
(3)距離が縮まりそうになったときには、自ら離れられる理性を持っていること。

自分で自分を幸せにできるほど自立している人だからこそ、人ともいい関係が築けるもの。それは、それだけ人に幸せを与えられる余裕があるからです。

さらに、単に「異性としての魅力」だけで惹かれ合うだけでは、男女の友情は成り立ちません。極端なことを言ってしまえば、男と女は「寝る関係の方が簡単」なことも時としてあるのです。
男女が、Hをしなくても一緒にいるだけで楽しいと思えるほどの関係を築くためには、やはりお互いの“人間力”が必要なのです。

異性といい関係を築くのは、むしろ「恋愛よりも難しいこともある」と言っても過言ではありません。

だからこそ、依存心を持って、セカンドパートナーを“求める”のではなく、素敵な男性と“自然に”友情を築けているような女性でいましょうね。


【関連記事】
【お知らせ】
・自分を愛し、人を愛せる人になれる36のポイントを収録!電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方 ~自分を愛するということ~」(299円)が発売中!
・今回のコラムも解説!公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」ぜひ、併せてご覧下さい!
4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は隔週金曜・23時に更新!

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。