ブラジルの世界遺産をつくった男、
建築家:オスカー・ニーマイヤー(Oscar Niemeyer)

この宇宙船のようなもの、ご覧になったことがあるだろうか?

宇宙船のような建物の画像undefinedundefined

宇宙船のような建物  ●クリックすると拡大します。


これは、れっきとした「建築物」。
それも、20世紀最後の巨匠建築家がデザインしたブラジルにある建築だ。

建築家の名前は、オスカー・ニーマイヤー(Oscar Niemeyer)。
オスカー・ニーマイヤーの画像undefinedundefined

オスカー・ニーマイヤー  ●クリックすると拡大します。


ブラジルの近代建築の父、ブラジルの世界遺産をつくった男、ル・コルビジェとの共同製作、家具デザインから建築までデザインするニーマイヤー・・・とにかく、官能的な美しい造形が印象的な建築家だ。

彼の建築や存在は知っていたが、長年もっと詳しい情報がないものかと思っていたところへ、『朗報』きたる、だ。


日伯外交樹立120周年を記念して、日本初の大回顧展開催

2016年のリオデジャネイロでのオリンピック開催を前に日伯外交樹立120周年を記念して、オスカー・ニーマイヤーの日本での初回顧展が開催された。(会期:2015年7月18日~2015年10月12日)

圧倒的存在感の建築や家具、そしてスケール感あふれる模型の数々のよる展覧会展示風景を通し、ニーマイヤーの建築、家具デザインの魅力をお伝えしたい。

会場は、地下鉄半蔵門線:清澄白河駅から徒歩9分、精悍な構えの東京都近代美術館。

展覧会ポスターがある東京都近代美術館の画像undefinedundefined

展覧会ポスターがある東京都近代美術館  ●クリックすると拡大します。


1FからB1へエスカレーターで降り、右手に入って最初のコーナー:プロローグでは、彼のプロフィール紹介がされている。

最初のコーナー風景の画像undefinedundefined

最初のコーナー風景  ●クリックすると拡大します。

 

女性の体の曲線を彷彿する”色気のある”ロッキングチェア

ここで、いきなり目に入ったが、1974年に彼がデザインした「ロッキングチェア」。

オスカー・ニマイヤーがデザインしたロッキングチェアの画像undefined

オスカー・ニマイヤーがデザインしたロッキングチェア ●クリックすると拡大します。


木材成型合板と藤によるロッキングチェア。ル・コルビュジェ(ペリアン共同デザイン)のシェーズロングと同じ匂いを感じる。しかし、この椅子は、女性の体の曲線を彷彿する”色気のある”ロッキングチェアだ。

ロッキングチェア・正面斜め左の画像undefined

ロッキングチェア・正面斜め左 ●クリックすると拡大します。


ロッキングチェア・背面ジョイント部分1の画像undefined

ロッキングチェア・背面ジョイント部分1 ●クリックすると拡大します。


ロッキングチェア・背面ジョイント部分真横からの画像undefined

ロッキングチェア・背面ジョイント部分真横 ●クリックすると拡大します。


ロッキングチェア・前面裏ジョイント部分の画像undefined

ロッキングチェア・前面裏ジョイント部分 ●クリックすると拡大します。


いかにも座り心地が良さそうな豊かな曲面と接合部が美しい。それでいて、プロダクト(生産する)為に熟考されたディテール(細部)があり、思わず見入ってしまう。
常々思うのだが、建築家がデザインする椅子は、その人の建築・デザインに対する考えが凝縮されている、から面白い。

オスカー・ニーマイヤーのそのひとつは、「官能的なライン」だ。


次ページ >>104歳の建築家の「惹かれる言葉」