今回は池之端門から入ってみた

東京大学の本郷キャンパスは散歩好きの間でも、人気のスポットだといっていい。ただし、あくまでも大学なので、立ち入り禁止の区域などには入らないといった最低限のマナーは守ろう。ちなみに個人や少人数の見学に事前登録は必要ないが、15人以上の場合は必要だ。(こちらを参照
ここから池之端門まで歩く

不忍池の脇を通る不忍通り

東大の本郷キャンパスというと、東大前駅や本郷三丁目駅が最寄りだと思っている人もいるかもしれないが、どの門から入るかで、最寄り駅は違ってくる。今回は、正門や赤門ではなく池之端門から入ってみよう。こちらは東京メトロの湯島駅あるいは上野広小路駅が最寄りだ。

下の写真の現在地は上の写真を撮った場所になる。
歩いてすぐだ

指さしている場所が池之端門

不忍の池からほど近い、台東区と文京区の境あたりに池之端門がある。旧岩崎邸庭園の外壁を見ながら右へ。
ここを右に曲がって進む

旧岩崎邸庭園の外壁

旧岩崎邸庭園は以前、記事にもしている。散歩ファンには有名な庭園だ。ここを右に曲がり、まっすぐ進むと、こんなポンプと井戸があった。
銘水なんだそうだ

井戸と水汲みポンプがあった

このポンプのすぐ隣が池之端門となっている。この門から本郷キャンパスに入ってみよう。
一般の人はあまり通行していない

けっこう歴史を感じる池之端門

歴史を感じる建造物に圧倒される。しかし、新しい校舎も建設中で、古いものと新しい物が混在しているかんじだ。
全部見て回るだけでもかなり時間がかかる

本郷キャンパスは広大だ

建物の下が回廊になっていてそこをくぐりながら進んでいく。広大なキャンパスを隅々まで見学するのはかなりの時間がかかる。
「東大構内」という名前のバス停

キャンパス内にバス停もある

キャンパス内にはバス停もある。「東大構内」というバス停だ。上野駅と御茶ノ水駅からの2系統がある。バスでのアプローチもありだ。

地図を見て、今いる場所を確認しよう。

キャンパス内には地図があちらこちらにある

こちらが、三四郎池。四季の移り変わりとともにその景色が変わる。
夏目漱石の作品「三四郎」にちなんで、三四郎池と呼ばれるようになった

もともとは「育徳園心字池」という名前の池だった

「心」という字に見えるという池。一周まわってみるといいだろう。また、池の周辺には、自然がいっぱいある。
倒木などもあるので、注意が必要だ

ちょっとした森が広がっている

歩きまわったら、お腹がすいた。本郷キャンパス内には一般の人も入れる食堂がある。

というわけで、次ページでは東大名物の赤門ラーメンをいただきます。