観音裏は穴場の散歩エリアだ

散歩の取材をするようになって、浅草を訪れる機会は増えた。定期的に浅草には来るようにしているけれど、最近は、これまでにない混雑ぶりだ。
ここで記念写真を撮影する人が多い

雷門前は観光客で大混雑

そこで、今回は観光客が行かない浅草エリアを紹介してみよう。とはいえ、せっかく浅草にきたのだから、浅草寺はお参りしたいという人におすすめなのが、雷門ではなく、二天門から入るコースだ。

まずは、こちら東武浅草駅の北口からスタートしたい。
こちらは観光客はおらず人通りもまばら

東武浅草駅の北口

銀座線の浅草駅からだと、観光客の流れとは逆に松屋浅草の地下へ進もう。エキミセという商業施設を通って1階にあがり、出てくると東武浅草駅北口だ。
エキミセという商業施設を通り抜ける

銀座線浅草駅から東武浅草駅北口へ出られる

駅から馬車道まで出て北へ歩くと、二天門の交差点がある。そこを左折すれば、二天門だ。時に外国人観光客の団体さんがいることがあるが、そうでなければ、観光客はまばらだ。

観光客がまばらなことが多い

二天門から浅草寺へ

ここ二天門から入ると、観音堂へ出るこになる。
ここにも行列ができている

観音堂でお参りをする

観音堂へお参りをしたら、その裏側へ足を運ぼう。お手洗いが見えてくる。その先にへ行くともう観光客はほとんどいない。
観光客もかなり少なくなる。

この交差点が「浅草観音堂裏」という交差点

「浅草観音堂裏」の交差点から言問通りを越えると、ほとんど観光客が来ないエリアとなる。それが観音裏だ。

言問通りから垂直に伸びる商店街

みちびき辻商店街

「みちびき」とは、どういうことか思えば、こちらの神社に由来しているようだ。
長太郎を祀っている地蔵尊

道引長太郎地蔵尊

「道引」というのは、極楽浄土なんだそうだ。さらに、松尾芭蕉の句碑があったりする。
きさがたや あめにせいしが ねぶのはな

象潟や雨に西施がねぶの花

「象潟や雨に西施がねぶの花」
松尾芭蕉が奥の細道で秋田県の象潟という地で詠んだもの。というわけで、冒頭の象潟というのは地名。秋田県の日本海側の景勝地だったんだそう。西施というのは、中国の美女、ねぶの花はネムノキの花。美しいものを重ねあわせたイメージなのだそうだ。

しかし、なぜこの句碑がここにあるのか。その理由はかつてこのあたりに秋田藩の下屋敷があった。藩主が秋田の象潟に似た土地があったので、浅草象潟と名付けたのだそうだ。なるほど、そんな縁があったんだね。

さて、次ページでは観音裏のおいしいものをいただきます。