もっと食べたいのに「1日1個まで!」と言われた理由

飴玉をなめる少年

肝油ドロップはおいしいけれど、1日1個までと言われたのはなぜでしょう? 他にも同じ理由で食べ過ぎてはいけないものはあるのでしょうか?

お菓子のようにおいしい肝油ドロップは、帰宅直前に配られました。この理由はなぜでしょうか?

実は、身体の小さい幼稚園や保育園に通う子供たちは身体を動かすことに加えて、成長のための栄養が必要です。しかし、まだ胃も小さく、1日3食の食事だけでは必要な栄養素を十分に摂ることができません。その不足分を補うため肝油ドロップを食べさせていたのです。

名前にもある「肝油」とは、マダラやスケトウダラなどの肝臓から分離した油のこと。以前は、これに砂糖を加えて固めていたようですが、現在はビタミンAとビタミンDを混ぜ合わせて、植物由来の天然増粘剤で固めて作られています。栄養素としては1粒あたり 4kcal、ビタミンA 200μg、ビタミンD 1.7μgが含まれています。ビタミン・ミネラルは不足しがちな栄養素ですが、その中でもこれらの成分は子供たちの成長にはもってこいです。

「不足分を補うのが目的なら、おいしいんだし、1日1個なんてもったいぶらなくてもいいんじゃないか」と思う人もいると思います。それがそうもいかないのです。肝油ドロップ……だけに限りませんが、ある成分を摂り過ぎてしまうと、身体に悪影響を与えてしまうことがあります。

肝油ドロップを食べ過ぎるとどうなるのか?

ビタミン剤

ある成分を摂り過ぎると、「過剰症」という悪影響が出てくることがあります

肝油ドロップを食べ過ぎると身体にどのような悪影響を与えるのでしょうか。

実は、肝油ドロップに含まれるビタミンAとビタミンDはどちらも「脂溶性ビタミン」の仲間。脂溶性ビタミンとは脂に溶ける性質を持つビタミンで、体内で使われなかった分を蓄積することができます。そのため、蓄積分が多くなりすぎると「過剰症」という悪影響がでます。

■ビタミンAの過剰症
  • 頭痛、顔面紅潮、皮膚の乾燥、筋肉痛、食欲不振、関節痛、皮膚色素沈着、脳圧亢進、急性中毒、胎児奇形、仮性脳腫瘍、吐き気、嘔吐など
■ビタミンDの過剰症
  • 食欲不振、吐き気、頭痛、皮膚のかゆみ、腹痛、筋緊張低下、脱水症、下痢、便秘、多尿、腎石灰化、腎不全、尿路結石、高血圧症、不眠など

どちらも、一気に食べてしまったのが1回だけであれば、一過性の症状のみで済みます。子供の場合は「1日1個って言ったでしょ?」と小言のひとつも言われれば、次からは盗み食いはしなくなるでしょう。

他にもたくさんある「過剰症」

「過剰症」の問題は、実は大人のほうにあります。肝油ドロップを食べる人は多くないでしょうが、多種類のサプリメントを愛用することで、何かしらの成分を過剰に摂取してしまうことがあります。つい色々試したくなる気持ちは分かりますが、サプリメントを使ったためにかえって身体に負担をかけてしまうことも多いのです。

肝油ドロップに含まれていたのはビタミンAとビタミンDでしたが、他にも過剰症を起こすものを一覧表にまとめています。

過剰症を起こす水溶性ビタミン・脂溶性ビタミンの一覧

過剰症を起こす水溶性ビタミン・脂溶性ビタミンの一覧

先にも説明したとおり、脂溶性ビタミンは脂肪に溶けるため、体内の脂肪に溶け込んで蓄積されます。一方、水溶性ビタミンは水に溶けるので、過剰に摂取しても尿中に排泄され過剰症はないとされてきました。しかし、昨今のサプリメントブームで一部の水溶性ビタミンにも過剰症があることが知られるようになっています。

また、ミネラル類も欠乏症と過剰症がありますので、一覧表にまとめておきます。

 
過剰症を起こすミネラル類の一覧

過剰症を起こすミネラル類の一覧

ビタミンもミネラル類も日本人の一般的な食生活を送っていれば過剰症の心配ありません。「健康的な」食生活を送っていれば、欠乏症も神経質になるほど心配する必要はないと考えていいでしょう。

もっとも深刻な問題となりやすいのは、サプリメントを使用する場合の過剰症です。サプリメントは専門家の指示を仰ぎ、用量・用法を守って使用することが大切です。

<参考文献>
日本人の食事摂取基準 2015年版 (2015年10月23日アクセス)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/syokuji_kijyun.html
湧永製薬株式会社  ホームページ (2015年10月23日アクセス)
http://www.wakunaga.co.jp/health/wakuwaku.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項