世界初で世界最大の氷のホテル、「アイスホテル」

icehotell1

世界中から年間5万人もの観光客が訪れる 写真:Peter Grant/imagebank.sweden.se

アイスホテルが位置するスウェーデン北部ラップランド地方にあるユッカスヤルビ(Jukkasjärvi)周辺には、6条の大きな川と6000の大小様々な湖があります。夏は白夜になり、冬は2週間ほど全く太陽が昇らない自然が厳しい環境です。ここに、なぜアイスホテルができたかというと、実はそのきっかけが日本にありました。25年ほど前、この土地で何かできないかと模索する中、日本の氷の芸術にヒントを得て1989年に日本から2名の氷の彫刻家を招き、講習会を行いました。これがきっかけとなり、アーティックホールと名付けられた最初の特別仕様イグルーが、氷で作られました。このホールは、映画館や教会、バーなどとして使用されていたのですが、あるグループがホールで宿泊したことから着想を得て、世界で最初の、そして最大の氷のホテルが生まれたのです。

このホテルのユニークなところは、何と言っても毎年新しく建設され、デザインが変わることにあります。部屋のデザインを毎年募集しており、応募者は200人を超えることも。応募資格は特になく、グラフィックデザイナーや建築家、彫刻家や工業デザイナーなど多彩な面々がアイデアを競います。オリジナリティーのあるアイデア豊かなデザインの中から、選りすぐりの15から20の案がホテルの部屋となり、多くの観光客を迎えるのです。
 

自然と深く関わってできているアイスホテル

icehotell3

オプションでオーロラ観測もできる 写真:Lola Akinmade ?kerstr?m/imagebank.sweden.se

ユッカスヤルビ周辺を流れる川の中でも重要なのがトルネ川(Torne älv)で、この川の氷を使ってホテルが作られます。トルネ川は比較的流れが穏やかで均等であるため、取れる氷がクリスタルのような透明感を持っており、美しいホテルの部屋作りにぴったりなのです。毎年ホテルの建設には12トンの氷の塊が2500個ほど用いられ、11月ごろから組み立てが始まります。12月の上旬にホテルがオープンすると、世界中から多くの観光客が宿泊や見学に訪れ、 春の暖かな日差しと共に氷が溶け出すと、アイスホテルはその年の役目を終え、水となり、またトルネ川に戻っていくのです。
 

氷のホテルと温かいホテルが選べる宿泊方法

icehotel

氷の芸術とともに一晩を過ごせる芸術スウィートルーム 写真:Paulina Holmgren/www.icehotel.com

ホテルには、氷でできた「冷たいホテルルーム」とコテージと通常のホテルルームからなる「暖かいホテルルーム」の両方があります。氷と雪でできたホテルルームは冬のみの営業ですが、暖かいホテルルームは年間を通じて利用することができます。ただし、9月から11月はグループ予約のみの対応になります。

氷の部屋の種類は4種類あり、標準の部屋に加えて、氷と雪と光の芸術が楽しめるオーロラルーム、芸術スウィートとデラックススウィートルームがあります。 すべてのスウィートルームには、デザインした芸術家のテーマがあり、その芸術作品が並んでいます。スウィートルームを予約すると専用の着替え室がレセプション棟にあります。部屋の広さが2倍になるデラックスウィートルームは、専用のサウナや着替え室が氷の部屋とつながっているのが特長です。
 

"生きるのためのコース"を受講して、いざ宿泊!

icehotel5

氷でできたバー、アイスバーも見逃せない 写真:www.icehotel.com

ホテルに到着したら、レセプションでチェックインをします。 アイスホテルは芸術ホールとしても営業しており、日中10時から18時の間は観光客が訪れます。このため、氷の部屋に宿泊する場合、部屋に入れるのは18時以降になります。

レセプションのある建物は、氷の部屋に宿泊する際にハブ的な役割をする場所で、ここにサウナを含むリラックスルームやシャワー、トイレ、暖炉、コーヒーや温かい苔桃ジュースなどがあります。また、手荷物控え室や着替え室もこの建物にあります。

icehotrell4

氷でできたグラスで飲むカクテルは、旅の気分を盛り上げます 写真:Magnus Skogl?f/imagebank.sweden.se

チェックインをすませると、暖かい外出着が貸し出され、その後ガイドによる「生きるためのコース」が行われます。そこで、この極寒の中で生き残るためには、どのような服装をするべきか、寝袋の使い方、寝袋の暖かさの保ち方などを学び、氷の部屋での宿泊に備えます。氷の部屋の温度は、常にマイナス5度に設定されており、高品質の寝袋はマイナス25度まで温度が下がっても暖かさを保つことが可能なものなので、どの方も安心して宿泊することができます。氷の部屋に宿泊した場合、朝7時半にガイドが温かい苔桃ジュースを持って起こしに来てくれます。また、氷の部屋で宿泊したという、名前入りの宿泊証明書ももらえ、旅の記念になります。 宿泊料金には朝食が含まれています。レストランやアイスバーもあり、氷でできたコップやお皿で食事を楽しむことができます。アイスバーは、ロンドンとストックホルムにもあります。また、ホテルでは様々なアクティビティをオプションで用意しており、夏ならサイクリングや魚釣り、冬はスキーや犬ぞり、オーロラ観測や氷のオブジェの観覧などを楽しむことができます。

 

アクセス方法

ストックホルムのアーランダ空港からキルナ空港までは、飛行機で約90分ほどです。飛行場からユッカスヤルビまでは車で15分ほどの距離になり、タクシーを使用した場合、タクシー会社にもよりますが、500スウェーデンクローネほど見ておけば大丈夫です。電車の場合はキルナ駅が最寄駅になり、駅からホテルまでは車で30分ほどです。空港と電車の駅からはホテルの送迎バスがあり、空港からは片道165スウェーデンクローネ、駅からは250スウェーデンクローネになります。

〈DATA〉
アイスホテル/Icehotel
住所:Marknadsvägen 63 981 91 Jukkasjärvi
TEL:+46(0)980 668 00
営業期間:9~11月グループのみ、2015年は12月11日オープン、予約は+46(0)980 668 99に月~金曜の9~16時
宿泊料金:冷たいホテルの部屋の氷の部屋:2900スウェーデンクローネ~、温かいホテルの部屋:1725スウェーデンクローネ~

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。