前の頁では「大門・芝公園エリア」「六本木・恵比寿エリア」で見られるイベントをご紹介します。この頁では「東京駅エリア」「国際展示場エリア」で見られるイベントをご紹介します。

東京駅エリアで見られるイベント

Alexander Girard: An Uncommon Vision
アレキサンダー・ジラード展 ― 彼の独創的なビジョンが生み出した世界

おすすめポイント:1952年~73年までハーマンミラーでテキスタイル部門のデザインディレクターとして活躍したアレキサンダー・ジラード。鮮やかな色や幾何学模様、ユーモラスなタッチを駆使したテキスタイル、小物、家具を展示し、他に類を見ない一連の作品に触れることができます。新しく発売するジラードの家具やシルクスクリーンパネル、彼がデザインしたマハラムのテキスタイルを張ったイームズやネルソン5周年限定商品、ジラード財団公認の幅広いデザインや商品が購入可能と、一般からコレクターまで楽しめる内容です。
www.hermanmiller.co.jp/

「アレキサンダー・ジラード展 ― 彼の 独創的なビジョンが生み出した世界 (Alexander Girard: An Uncommon Vision)」/写真提供:ハーマンミラージャパン


会期: 2015 年 10 月 24 日(土)~11 月 7 日(土)
会場: ハーマンミラーストア
住所:東京都千代田区丸の内 2-1-1 丸の内 MY PLAZA
時間:11:30~20:00
入場料:無料
電話番号:03-3201-1840
※期間中ハーマンミラーストアにご来店いただくと、ジラードにちなんだスペシャルコーヒーのサービスや、ハーマンミラーのプロダクトがあたるプレゼントキャンペーンの実施も。


国際展示場エリアで見られるデザインイベント

IFFT/インテリア ライフスタイル リビング
おすすめポイント:基本的には一般来場者の入場はお断りしている商談見本市。とはいえ、今後のインテリア業界を担う若手を応援する方針も持った見本市である事が背景にあるため、事前登録をすれば18才以上の将来デザイン・建築設計関係の仕事を目指している学生さんにもご覧頂けます。毎年内容が充実しているので、今まで行った事のなかったデザインに関わる方にもおすすめです。
http://www.ifft-interiorlifestyleliving.com/

6月と11月の年2回行われるIFFT/ILL。ライフスタイル雑貨の多い春と、家具の多い秋。今年は特に日本各地の木工メーカーに注目


会期:2015年11月25日(水)~ 27日(金)
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西1・2ホール + アトリウム
住所: 東京都江東区有明3-11東京ビッグサイト西展示棟
開催時間: 10:00 – 18:00 (最終日は 17:00まで)
主催:
(一社)日本家具産業振興会
メサゴ・メッセフランクフルト(株)
入場料: 2,000円
* 招待状持参者およびWeb来場事前登録者は無料
来場事前登録はコチラよりお申し込み頂けます。

展示内容の一部をご紹介:
今年は全国各地からの木工家具メーカーの参加が増えた事も見所のひとつ。大川から「立野木材工芸」、天童から「天童木工」、旭川から「カンディハウス」「匠工芸」、飛騨から「飛騨産業」等と、世界第二位の森林帯国・日本ならではの技術力とデザインの共演が期待できます。
www.tendo.co.jp

IFFT/ILL出展の天童木工からは、安積伸氏と小林幹也氏デザインの2つの新シリーズが発表される


 
いかがでしたか?デザインが暮らしを楽しくする、と私は信じています。モノが溢れて行く世の中で、どんな物を選んで暮らすと幸せを感じられるのか、体験を通してもっと多くの人にデザインの喜びを味わって頂けましたら光栄です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。