常識に挑戦しつづける建築家の展覧会
21_21 DESIGN SIGHT(六本木):建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”

ウオルトディズニーコンサートホール(アメリカ・ロサンゼルス、2003) Courtesy of Gehry Partners, LLP

ウォルトディズニーコンサートホール(アメリカ・ロサンゼルス、2003) Courtesy of Gehry Partners, LLP


カナダ人建築家、フランク・ゲーリー。彼が設計した建物は、建物としては見たことがないような形と組み合わせにあふれたものばかり。世界が驚いたスペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館や、ウォルトディズニーコンサートホール、チェコのダンシング・ビル、そして最新作のルイ・ヴィトン財団まで世界各地で、思わず二度見してしまうような斬新な建築物を建て続けています。

ルイ・ヴィトン財団(フランス・パリ、2014) Photo: Iwan Baan

ルイ・ヴィトン財団(フランス・パリ、2014) Photo: Iwan Baan

今年86歳になるゲーリー。この展覧会では、彼の原動力である「アイデア」に焦点をあて、アイデアが生まれる背景、建物の完成までのプロセスをたどっていきます。

ゲーリーの頭のなかにうかんだアイデアが、どのように図面に落とし込まれ、そして本物の建物になっていくのかをプロセス模型などでしっかりと解説。実際の建物も見たくなる刺激と驚きに満ちた展覧会です。


■展覧会DATA

展覧会名称:建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”
会場:21_21 DESIGN SIGHT
会期:2015年10月16日(金) ~ 2016年2月7日 (日)
開館時間:10:00~19:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日:火曜、年末年始(12月27日~1月3日)
※ただし11月3日は開館
Web: http://www.2121designsight.jp/

次のページではそごう美術館(横浜市): そごう美術館開館30周年記念 生誕120年 鈴木信太郎展 ~親密家のまなざし~そごう美術館コレクションを紹介します。