アクアクリニック トップ > 管理その他 > 新規に立ち上げた水槽での油膜

新規に立ち上げた水槽での油膜


Q.30cmキュ-ブ水槽にて、水草水槽を立ち上げた3日目位から、油膜が発生してきており原因が分かりません。外部式濾過器、照明及びCO2添加を10時間くらいしています。濾過器の内容は、シポラックスと活性炭です。原因ならびに対処の方法があればお教えください。


A.油膜の発生原因は、幾つか考えられます。

  1. 飼料に含まれる油分。
  2. 生物の死骸などから溶け出した脂肪分。
  3. 空気中に浮遊する油分が、水槽内に取り込まれた。
  4. 各種器材に付着していた油分。

概ね上記が、水槽内での油膜の発生原因です。環境が整い、バクテリアが十分に繁殖してくれれば、それらが分解してくれるので発生も押さえられます。しかし、セット当初と言う事なので、まだまだ生物学的な分解に頼るのには時間がかかるでしょう。

外部式濾過器を使用しているのであれば、CO2のロスが少ない程度にシャワーパイプで水面を波だたせる。夜間にエアーレーションを行う。などで対処が可能です。また、一時的な効果しかありませんが、水面にティッシュを浮かせて、油膜を吸着するのも1つの手です。

抜本的な解決には、バクテリアを含む生態系の完成に有ります。水が落ち着いた環境では、油膜の発生は余り見られません。当面は、上記にある方法で対策を施し、長期的なスパンで水が落ち着くのを待ちましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。