小顔効果アップのチークテクニック

ほおに入れるばかりがチークではありません。ブラシに残ったチークを顔の別の場所に入れるとあら不思議、なんと小顔に見せることができます!つまりブラウンなどのシェイドカラーの代わりにもなる便利なアイテムなのです。



1.フェイスラインをすっきりと
耳の付け根からフェイスラインに沿ってさっとブラシを動かします。同じラインの垂直方向にも数箇所入れます。

2.生え際にも
髪の生え際に沿ってササッとブラシでぼかします。(毛流れに沿って入れましょう。)


チークの“おまけ”を輪郭に塗って小顔に見せる

おまけチークで引き締め効果アップ

おまけチークで引き締め効果アップ


輪郭とこめかみにチークをひとはけ入れただけで、影ができて引き締まった顔になりました。ブラシの中に入り込んだチーク粉が、ほんのり色づくくらいでちょうどいい分量。色がはっきり出てしまってはNG。淡い色で自然に顔の横幅をすっきりと引き締めて見せます。輪郭にプラスされるほのかな赤みで色っぽい肌に。


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。
公式Twitterはこちら>>
公式Facebookはこちら>>


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。