もはや立ち飲みの粋を超えた立ち飲み「三ぶん(さんぶん)」

店内にはお品書きがズラリと並ぶ

店内にはお品書きがズラリと並ぶ

2015年2月、東銀座にオープンした立ち飲み屋さん「三ぶん」がスゴいんです! カジュアルな立ち飲みにも関わらず、料理は高級割烹並み! 

使用する魚介はすべて天然もので、なおかつ腕利きの職人さんがつくる一品料理も洗練された味わいです。モチロン、立ち飲みですからコスパも抜群なんです!

店内に入ると、お品書きがズラリ。まずはお刺身からいってみましょう。「刺身盛り合わせ」(1620円)を注文すると、この日はメジマグロ、アオリイカ、グジの昆布締めです。築地から仕入れる魚は新鮮そのもの。それだけで終わらないのがこの店ならでは。

ただ単に醤油とワサビで食べさせるのではありません。メジマグロに添えられているのは福井の香辛料である地ガラシ。ツンとくる香りが、濃厚な赤身にピッタリです。他にもそれぞれのネタにあわせ、煎り酒やはたまた胡麻油などを添えてくれる心遣いが嬉しいもの。
刺身盛り合わせ(1620円)

刺身盛り合わせ(1620円)


お次は小鉢を。写真はダシで卵を煎り付つけた「江戸前ふわふわ」、じっくり煮込んだイイダコの柔らかさとレンコンのシャキシャキ感の対比が心地いい「新れんこんと飯蛸のソテー」、ダシをきかせて上品な味わいに仕上げた「牛すじ煮」。キチンと手間ひまかけて丁寧に作られているのが伝わります。これがどれも540円というから驚きです。
小鉢3種undefined(各540円)

小鉢3種 (各540円)



フグや鮑も!高級食材も品書きに並ぶ

立ち飲みでありながら高級食材も味わえるのが、この店の特徴のひとつ。時期によっては天然とらふぐの刺身もメニューに並びます。こちらは「鮑のステーキ」(1296円)。丸ごと1個を使用し、柔らかく蒸し上げてからバター醤油でソテー。ムチムチとした食感からあふれる磯の風味がたまらない逸品です。
鮑のステーキ(1296円)

鮑のステーキ(1296円)


お酒で力を入れているのが日本酒で、季節や料理に合わせた全国各地の銘酒を15種類ほどを取り揃えています。美味しい料理と、ウマい酒。ちょっと1杯のつもりで立ち寄っても、ついつい長居してしまうことウケアイです。東銀座に来たら、この店に寄らなきゃソンしますよ!


■三ぶん
【所在地】:東京都中央区銀座5-13-12
【電話番号】:03-3524-8536
【営業時間】:11:30-12:30 16:00-23:00(22:00L.O.)
【定休日】:日
【地図】:Yahoo! 地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。