快眠するための寝室環境とは?

寝室環境

良質な睡眠をとるポイントは、寝室環境と生活習慣です

睡眠の質を高めるためには、寝室の環境を整えることが大切です。寝室の環境とは、明るさや音、温度・湿度、においなど、五感で感じるものです。

明るさに関しては、なるべく暗いほうがよく眠れます。ただし、暗闇が嫌いな人や夜中にトイレなどに起きる方は、安心のために豆電球のフットライトをつけておくと良いでしょう。寝室の温度は16~26度、湿度は50%前後が理想的と言われています。

においについても、ラベンダーやスギ・ヒノキの香りの効果が実証されています。これらは、睡眠学の教科書にも載っています。音に関しては、40デシベル以上の騒音は、睡眠に悪い影響を与えることが分かっています。ところが、睡眠の質を良くする音の種類については、まだよくわかっていませんでした。

たしかに、「快眠CD」と銘打たれているのは、いろいろ売られています。クラシックなどの静かでゆっくりしたテンポの曲は、多くの人の心を落ち着けて眠くしてくれます。ところが、その音楽が嫌いな人にはストレスとなって、逆に眠れなくなることもあります。

ヤマハの「快眠音システム」

音・音楽

音環境は、睡眠の質を左右します

音楽関連企業として有名なヤマハは、快く眠るための音を研究しています。ここからは、2015年の日本睡眠学会での発表にもとづいて、「快眠音システム」をご紹介します。

「快眠音システム」は、一人ひとりに合わせたオーダーメイドのシステムです。「快眠音システム」は、寝具の下に敷いて体の動きや呼吸・心拍を読み取る生体マットセンサーと、快眠音を生成する音源(パソコン)、快眠音を出力するスピーカーからなっています。

今回の研究では、呼吸や心拍に連動した音や音楽を聴くことで、寝つくまでの時間がどう変化するかを調べました。

聴かせた音・音楽は、夜の森を想定した虫の音や、チベット仏教の Singing Bowl、和打楽器、波音です。これに、呼吸や心拍に合わせて強弱をつけたり(Fade in/out)、少しずつ小さくしたり(減衰系)、音の大きさを変えなかったり(持続系)しています。

呼吸や心拍との連動が決め手

波の音・自然音

音のゆらぎが大事なようです

音・音楽の種類では、音を聴かせなかったときに比べて、チベット仏教の Singing Bowlや和打楽器、波音を聴いたときに、寝つきが良くなりました。

特に、寝つきが悪い人には、とても効果がありました。寝つきが悪い人では、夜の森を想定した虫の音でも寝つきが良くなりました。

呼吸や心拍との連動について、持続系には効果がありませんでしたが、Fade in/out や減衰系では、寝つきが良くなりました。睡眠習慣との関係はありませんでした。つまり、早寝の人も夜更かしの人にも、快眠音の効果があったということです。

また、音に対する好き・嫌いなどの主観的評価と、寝つきの改善程度は相関がありませんでした。快眠に導いてくれる音は、あまり好みでは決まらないようです。

この研究から、虫の音や波音などの自然音や太鼓・鐘・鈴を使った音楽を、呼吸や心拍に合わせて変動させ Fade in/out を繰り返したり、少しずつ小さくしたりすることで、睡眠の質を高められることが分かりました。

「快眠音システム」の市販が、待たれるところです。

【関連サイト】
ヤマハ株式会社
理想の寝室環境の作り方




【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項