赤ちゃん、は選択肢のないままテレビを見ている

tvtonyuuzi

赤ちゃんは選択肢のないままにテレビを見せられています。やがてそれは「いつの間にかテレビを見ている子供」になっていきます

現在の日本では、ほとんどの家庭にテレビがあります。内閣府の消費動向調査(2015年度3月調べ)によりますと、一般家庭のテレビ普及率は97.5パーセントに達しているそうです。

今や日本の国民の生活になくてはならないものの一つになってきていますね。ではそのテレビは、誕生したてから1才くらいまでの乳児にどのような影響を与えるのでしょうか。

誕生したての赤ちゃんの視力はまだ光を感じる程度ですが、耳は聞こえています。ですのでテレビがつていると、より刺激の強いテレビの音に耳を傾け、やがて視力がでてくると目もそちらに注目するようになります。

乳児の頃は、自分の意志で強くテレビを見たがることはありません。親が見せているか、家族の見ているテレビ、もしくはつけっ放しになっているテレビを選択肢のないまま「見せられている」状態です。

テレビが赤ちゃんに与えるデメリット

■言葉の発達を妨げる
テレビは会話や声はきこえてくるもののこちらの問いかけや話しかけには、応えてくれません。ですので会話が一方通行になり、コミュニケーション能力が育たず、言葉の発達を妨げるもことにも繋がります。

■情緒が不安定になる
赤ちゃんの意識は、部屋の中の様子や家族の声より刺激の強いテレビへと引きつけられます。そうすると母親の声にも反応を示さなくなり、視線を合わせにくくなり、人との関わりも減ってきます。やがて注意力の低下や情緒が不安定になることも起こり得ます。

■夜泣きの原因になる
赤ちゃんによっては、6ヵ月くらいから夜泣きが始まる子もいます。テレビから発せられるブルーライトは睡眠を妨げ、一概には言えませんが就寝前や長時間のテレビの視聴が、夜泣きの原因のひとつにもなるという説もあります。

>>>親子ともに嬉しいテレビの活用法を紹介します!