最寄りの駅から5分ほど歩いた先の、短冊状に区画整理された典型的な家が建つ住宅地に、白いキューブ状の家が建っています。
この家の建て主のK夫妻は、家づくりのイベントで建築家の山本卓郎さんと出合い、設計を依頼し、「ヨガが出来る広くて日当りのいいテラスが欲しい」という希望を伝えました。その結果、全体のほぼ半分が外部空間というユニークな家が完成したのです。

半分が外部の白いキューブ


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 外部空間の1階はガレージ、2階はテラス。正面は北向き。写真:中村 絵
外観
2. 西側の外観。隣に家が建つ事を想定して、小さな窓だけが開いている。2階のキッチンが張り出している。
玄関
外観 3. ミニマルな抽象絵画を思わせる北側の正面。写真:中村 絵
模型
4. 夜は室内の光がテラスとガレージをオレンジ色に染める。写真:新建築


この家の周囲は、短冊状に区画整理された土地に3階建ての家が建ち並ぶ住宅地です。 典型的な切妻屋根の中にあって、21坪の長方形の敷地に建ちあがる、間口8.6m、奥行き4.7m、高さ9mの白い箱という外観はひと際異彩を放っています。
さらに全体の東側半分が、南北に壁が無い外部空間になっているのです。

◆建築データと建築家プロフィール