ヘアアイロンやホットカーラーの正しい巻き方・使い方は?

ホットカーラーの巻き方は?ヘアアイロン等の基本の使い方

ヘアアイロンやホットカラーをどう使えばいい?

スタイリングやアレンジをきれいに仕上げるために、ぜひマスターしておきたいのがヘアカーラーやヘアアイロンを使った髪の巻き方。毛束のとり方、カールの作り方など、ベースがしっかりしていれば、ヘアアレンジが長持ちします。

でも、「ヘアカーラー」「ホットカーラー」「ヘアアイロン」など道具にもいろいろあって、どう使いこなせばいいかわからない!とお悩みの方も多いのでは?そこで、それぞれの特長と使い方について詳しく解説していきます。
 

 

髪を巻くための道具には3種類ある!

まずは、巻き髪用の3つの道具「ヘアカーラー」「ホットカーラー」「ヘアアイロン」の特長からご紹介しましょう。

「ホットカーラー」……まとめやすいように、髪にカールをつける。
「ヘアカーラー」……ホットカーラーよりも、自然で柔らかいカールがつくれる。
「ヘアアイロン」……顔周りやハーフアップの際、束感のあるカールをつくれる。(セミロングの人で26mm~32mmを目安に)
 

「ヘアカーラー」「ホットカーラー」を使って髪を巻く方法

ヘアカーラーは時間を置くほどしっかりカールがつくのが特長。ホットカーラーを使うと、よりしっかりクセづけができます。
まずは前処理から

まずは前処理から

1. 前処理をする
直毛の人は、髪を巻く前にキープ剤をつけておきます。巻いたあと、WAXを髪全体になじませるとまとめやすくなります。
ブロッキングをする

ブロッキングをする


2. ブロッキングをする
次に、ブロッキングをしていきます。両サイドと後頭部の上下左右で、髪を6つに分けるイメージで髪を留めておくと、巻きやすいです。
カーラーで巻く

カーラーで巻く

3. カーラーで巻く
毛先をヘアカーラーに巻きつけ、くるくると巻き上げます。根元まで巻いたらピンで固定。髪全体を巻いて、ヘアアレンジがしやすいようにクセづけをしていきます。
 

「ヘアアイロン」を使って髪を巻く方法

ヘアアイロンをあてる時間は、3~5秒を目安に(※髪質によって異なります)。  「フォワード巻き」「リバース巻き」など巻き方を変えることで、印象も変えられます。あらかじめブラシで髪をとかしてクセをとってから、ヘアアイロンをあてていきましょう。
フォワード巻き

フォワード巻き

1. フォワード巻き
毛束の中間から毛先まで、ヘアアイロンでカールをつくります。毛束を前方向にくるくると巻きつけ、毛先に向かってヘアアイロンを滑らせましょう。
リバース巻き

リバース巻き

2. リバース巻き
今度は前から後ろに向かって、毛束をくるくると巻きつけます。フォワード巻きと同様に、毛束の中間から毛先に向かってヘアアイロンを滑らせます。
 

髪のほぐし方とまとめ方

毛束に上から手ぐしを通すとまとまり、広げるようにするとほぐれます。このひと手間で、巻いた髪に自然なニュアンスが出ます。
まとめる

まとめる

1.まとめる
手ぐしで上から指を通してほぐす、毛先を持って内巻きにねじるようにすると、自然な毛束感がでます。カールの強さを見ながら調節していきましょう。
ほぐす

ほぐす

2.ほぐす
毛束をつまんで横に広げるようにしてほぐすと、カールが揃いすぎず自然な仕上がりに。手ぐしで下から指を通すと、動きが出てざっくりラフな印象に。この後処理をすることで、巻き髪により立体感が生まれます。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。