白き巨岩が並ぶ景勝地と神秘的な青の洞窟へ

遥か昔、激しい地殻変動を経て誕生した複雑な地形が続く陸中海岸。どこを切り取ってもダイナミックな海の風景が広がります。


そんな陸中海岸の景勝地の一つ、浄土ヶ浜では、海岸のすぐ目の前にある白い巨岩が立ち並ぶ絶景を目の当たりにできますよ。

今回は、浄土ヶ浜とすぐ近くにある神秘的な青の洞窟をあわせてご紹介します。海の青、岩の白、洞窟の青という異なる色による素晴らしい風景を満喫しましょう。

海辺の前にそそり立つ白い巨岩に圧倒!浄土ヶ浜

浄土ヶ浜(1)

海辺の目の前に、白い巨岩がそそり立つ浄土ヶ浜(2015年7月撮影)

浄土ヶ浜Yahoo! 地図情報)は、岩手県の東部、太平洋に面した宮古市にあります。

 

岩手県の太平洋側は、リアス式海岸や隆起海岸など遥か昔の地殻変動により創り出された複雑な地形が続き、陸中海岸という大きなくくりの観光エリアとして、数多くの人々が訪れてきました。

浄土ヶ浜も陸中海岸の景勝地の一つ。険しい地形が多い陸中海岸の中で、海のそばまで近づける海辺があり、夏は海水浴場としてたくさんの人たちが水遊びを楽しみます。

その海辺の目の前に見えるのは、先が尖った独特な形の白い巨岩が立ち並ぶ他では見られない素晴らしい絶景。この風景を江戸時代に見た宮古のお寺の和尚さんが「浄土ヶ浜」と命名し、現在に引き継がれました。
浄土ヶ浜(2)

御台場展望所より望む浄土ヶ浜(2015年7月撮影)

この白い巨岩は、火山のマグマが冷えて固まった流紋岩(りゅうもんがん)という種類の石で、長い年月の間に海からの波を受け続けて浸食された結果、尖った形に削られて今に至っています。

浄土ヶ浜の風景は、奥浄土ヶ浜と呼ばれる海辺から間近に眺めることもできますし、遊歩道を歩いて高台にある御台場展望所から全景を見下ろしたり、また浄土ヶ浜遊覧船から沖合より望むことが可能です。

滞在時間にあわせて、美しい海の青と、白い巨岩が織りなす風景をいろいろな角度から楽しんでみて下さい。

 

さっぱ船に乗って、浄土ヶ浜の巨岩に接近!

浄土ヶ浜から青の洞窟を巡るさっぱ船

浄土ヶ浜から神秘的な「青の洞窟」へ連れて行ってくれるさっぱ船(2015年7月撮影)

白い巨岩の風景が印象に残る浄土ヶ浜には、もう一つ神秘的な場所が存在します。その場所とは「青の洞窟」

 

御台場展望所のある半島の下には波により削られてできた海蝕洞、八戸穴があり、洞窟に入ると、海からの青い光に包まれる幻想的な空間が広がることから「青の洞窟」と呼ばれるようになりました。

「青の洞窟」へは、海辺にある浄土ヶ浜マリンハウス前の船着き場から2名~5名が乗り込める漁師の小さな磯舟「さっぱ船」に乗って向かいます。

受付を済ませた後、ヘルメット(!)と救命胴衣を着けて「さっぱ船」に乗り込み、いざ出発。
浄土ヶ浜(3)/さっぱ船で巨岩に接近!

ウミネコたちと共に浄土ヶ浜の巨岩に接近!(2015年7月撮影)

船が動き出すと同時にさっぱ船を見守っていたウミネコが船を追いかけ始め、目の前で餌をねだります。かぶっていたヘルメットの真上に止まって、羽根を休める強者もいて驚きますが、慣れてくると可愛く思えてしまうこともありますね。

 
浄土ヶ浜(4)/間近で見る巨岩

浄土ヶ浜の巨岩が目の前に。迫力です(2015年7月撮影)

さっぱ船がまず向かうのは、目の前にある浄土ヶ浜の巨岩。間近まで近づき、船頭さんからいろいろと説明を伺えます。目の前で見る尖った巨岩の迫力に改めて圧倒されますね。

浄土ヶ浜の巨岩を見終わった後は、いよいよ海に突き出した半島の奥にある「青の洞窟」へ突入です。次のページで神秘的な洞窟へ入りますよ。