京都で涼み旅なら、洛北の鞍馬・貴船へ

四方を山に囲まれた盆地であることから、とても暑いことで知られる夏の京都。しかし、古くから避暑地として有名な洛北の鞍馬・貴船まで足をのばせば、京都市街地より気温が数度低く、涼みながら京都らしい風情を味わえます。
京都の夏の風物詩、貴船の「川床料理」

京都の夏の風物詩、貴船の「川床料理」


鞍馬から貴船へは、京都有数のパワースポットとされるハイキングコースを歩き、貴船では、5月から9月まで、夏の京都の風物詩「川床(かわどこ)料理」が楽しめます。

叡山電車に揺られて京都の奥座敷・鞍馬へ

「京都」駅から、鞍馬・貴船方面に向かう叡山電車の始発駅である「出町柳」駅へは、市バス(4号系統)を使えば、一本で行くことができ便利。

叡山電車には、比叡山の登山口である八瀬比叡山口方面へ行く路線と、貴船や鞍馬方面へ行く路線の二路線がありますが、鞍馬行きの電車に乗ります。

ちなみに、叡山電車では、「一日乗車券 えぇきっぷ」(1000円)や「鞍馬・貴船散策チケット」(1800円)などのお得な乗車券を販売しています。
叡山電車の「一日乗車券 えぇきっぷ」(1,000円)

叡山電車の「一日乗車券 えぇきっぷ」(1000円)


「出町柳」駅を出発して、しばらくすると右手の車窓に比叡山が見えはじめ、「宝ヶ池」駅を過ぎると周囲の家がまばらになるので、その姿がはっきりと見えるようになります。

やがて、比叡山の姿は車窓の後方に移っていき、「市原」駅を過ぎたあたりからは、山と山の間に分け入るように電車が進んで行きます。
山と山の間に分け入るように進む叡山電車の車両

山と山の間に分け入るように進む叡山電車の車両


そして、出発から30分ほどで「鞍馬」駅に到着。駅に降り立つと、京都市街地と比べるとかなり涼しく、「山里に来たな」と感じます。

次のページでは、鞍馬から貴船へ。鞍馬山のパワーをいただきながら歩いて行きます。