帰省の時期こそ、旦那様の実家で嫁の株を上げるチャンス!

帰省の時期こそ、旦那様の実家で、嫁の株を上げるチャンス!

帰省の時期こそ、旦那様の実家で、嫁の株を上げるチャンス!


お盆の時期、旦那様のご実家、通称・義実家に帰省される方も多いかもしれません。何かと気を使う、旦那様の実家での滞在ですが、見方を変えれば、お姑さんから「できる嫁」と認めてもらえるチャンスでもあります。そこで今回は「嫁の株を上げる」ための簡単なテクニックを5つ、ご紹介しましょう。

【INDEX】
できる嫁のテクニック1:お土産はご近所、親戚の分も持参
できる嫁のテクニック2:姑への個別プレゼント作戦
できる嫁のテクニック3:夫を立てる、ほめまくる
できる嫁のテクニック4:孫との写真はすぐにプリント
できる嫁のテクニック5:帰宅後の御礼状は子供たちから
 

できる嫁のテクニック1:お土産はご近所、親戚の分も持参

できる嫁のテクニック1:お土産はご近所、親戚の分も持参

お土産を多めに持参することで、突然ご近所や親戚方のところに出かけることがあっても安心です

お盆は何かと人の集まることが多い時期。お土産はぜひ多めに持参しましょう。手土産があれば、突然ご近所や、親戚の方のところに出かけるようなことがあってもあわてずに済みます。また、もし滞在中にご親せきなどに会わず、持参したお土産が余った場合でも、それらは持ち帰らずに、そのままだんな様のご実家に置いて帰りましょう。

なぜなら、もしかすると自分たちが帰った後に、入違いでだんな様の兄弟などが、実家を訪ねてくることがあるかもしれません。そんな時でもお姑さんから、預けて置いたお土産を渡してもらえば、「気配りのできる嫁」として、間違いなく親戚の中での評価が上がります。

その際には、保存が容易なように食品であれば常温で日持ちのするものにしておき、管理の負担をお姑さんにかけないようにすることも、大事なポイントです。
 

できる嫁のテクニック2:姑への個別プレゼント作戦

できる嫁のテクニック2:姑への個別プレゼント作戦

アンチエイジング系の基礎化粧品やお肌のお手入れグッズは喜ばれやすいです

大昔から、人と人、国と国などが関係を築くには「貢物」はつきものでした。贈り物はうまく使うことで相手の心をぐっとつかむことができます。

帰省時に持参する手土産とは別に、お姑さん個人あてのプレゼントを持っていくのも、嫁の株を上げる有効な作戦です。お姑の好きな食べ物や趣味に関連するものなどの情報をだんな様から事前に聞いておき、それを贈るのが最も有効です。

もし、特にこれといった好みの品がない時には、アンチエイジング系の基礎化粧品やお肌のお手入れグッズを選んでおけば、おおむねどなたにも好評です。具体的には、自分ではなかなか買わないけれどもらうと嬉しいという、ちょっと高級な基礎化粧品やハンドクリームなどがねらい目。

「○○の人気ランキングで1位になった商品なんですよ」「女優の●●もつかってるんですって」「私も使ってみたらすごく良かったので、ぜひ」など、プレゼントがお姑さんとの話題のきっかけにもなってくれるでしょう。
 

できる嫁のテクニック3:夫を立てる、ほめまくる

できる嫁のテクニック3:夫を立てる、ほめまくる

お姑さんにとって、息子への褒め言葉はとても嬉しいものです

姑にとって自分の息子はいくつになってもかわいいもの。息子に関する褒め言葉はいつだって喜びます。実家に行ったら、とにかくだんな様を褒めまくりましょう。

ただし、嫁である自分の立場が悪くならないよう、注意が必要です。

たとえば「○○さんは、料理がすごく上手で、子供たちも『ママが作ったのよりもパパのほうがおいしい』なんて言うんですよ」などと表現をすると、「この嫁はそんなに料理が下手なのか」
と思われてしまう可能性も……。

旦那様の活躍ぶりは、妻の能力が疑われない程度に褒めることがポイントです。
 

できる嫁のテクニック4:孫との写真はすぐにプリント

できる嫁のテクニック4:孫との写真はすぐにプリント

お姑さん世代は、写真=プリントアウト派がほとんど。孫と写った写真は、きっと喜ばれるはず

デジカメが普及して以降、「写真はデータで保存をし、わざわざプリントしない」という人も多いかもしれません。しかし、お姑さんたちの世代は、まだまだ「写真=プリントして保存」派が圧倒的。多くのお姑さんたちは滞在が終わって帰宅した後に、息子や嫁から送られてくる写真を楽しみにしているはずです。

そこで、できる嫁はその時間を短縮!「孫と写した写真を実家滞在中にプリントまで済ませて渡す」という早業で、お姑さんのハートをわしづかみにしちゃいましょう。

その際に活用するのはコンビニのマルチコピー機。デジカメの画像なら、SDカードのままで持ち込み、プリント可能。スマホでとった画像でも、専用アプリを使えば同じようにプリントが可能です。お姑さんにデジタルにも強いところを見せつけて、できる嫁を印象づけましょう。
 

できる嫁のテクニック5:帰宅後の御礼状は子供たちから

できる嫁のテクニック5:帰宅後の御礼状は子供たちから

子供からの手紙は、電話やメールに比べてスペシャル感があります

帰省が終了し、帰宅した後のお礼の仕方でも、できる嫁と普通の嫁の対応には差が出ます。帰宅後、「お世話になりました」と電話でお礼をするのが普通の嫁。できる嫁は電話プラスお礼状で、さらに感謝の意を丁寧に伝えます。そして、そのお礼状を子供たちに書かせるというテクニックが、さらに姑たちを喜ばせるポイントになります。

電話やメールと比べて、手紙をもらうのはスペシャル感が増しますし、それが孫たちの手書きの手紙であれば、嬉しさも倍増。「いい子たちに育ててくれている」と嫁の評価も間違いなく上がります。

いかがでしたか? せっかくの帰省ですから、義父母さんに喜んでもらえて、なおかつ嫁の株が上がる機会にしたいもの。ぜひご紹介したテクニックを活用してみてくださいね。

【関連記事】
夫の「面倒な実家」でお盆を過ごす裏ワザ4つ
マザコン夫の特徴チェックリスト!親思いとの違いとは

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。