ニュージーランドの電圧は230~240V

ニュージーランドの電圧は230-240V

ニュージーランドの電圧は230-240V

電圧は国によって異なり、ニュージーランドでは全国共通で230~240Vで周波数は50Hzです。

日本の100V対応製品はそのまま使うと故障のリスクもありますし、場合によっては火花が出ることもあるので気を付けましょう。

最近のデジタルカメラやノートパソコン、スマートフォンなどのアダプタは変圧器がなくても形状変換プラグさえあれば、そのまま海外でも使用可能なものがほとんどです。ACアダプタに100~240Vと書かれていれば、変圧器なしでニュージーランドでも使用可能ですので、実際に変圧器を持ってくる必要があるケースはあまりありません。

ドライヤーは国内対応のものが多いので、現地のホテルに備え付けてあるものを使うといいですね。

必ず持ってきたい形状変換プラグ

日本から持って行きたいコンセントプラグ

日本から持って行きたいコンセントプラグ

持参した電子機器が海外対応可能(100~240V)なものであれば、差込口を現地の形状に合わせることができる変換プラグを利用すれば使えるようになります。

ニュージーランドのコンセントプラグはハの字型で、2つ穴用のものが一般的。電気屋さんでは、O型と書いて売っています。日本の家電専門店や空港のトラベルグッズを扱う店などで200~400円前後で購入できます。

差込口が3つ穴であっても、そのうちの1つはアース用で、電子機器や一般の家電用品では使用することはほとんどありませんので、特に気にする必要は無いですよ。

プラグは日本で買った方が安いですし、ニュージーランドで調達しようと思ってもどこで売っているのか分からず探し回ることになる可能性が高いので、出発前に買っておくと安心です。


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。