今回、布ナプキンをネット製造・販売されているジュランジェさんに取材に行ってきました。きっかけは妊活イベントでご一緒させて頂いたことからなのですが、今、女性に人気の布ナプキンは一体どんなものなのか? 男性としてはまったく未知のものなので、より詳しく知りたいと思い、今回ジュランジェ店長の只野さんにお話を伺いました。

快く受諾して頂き、今回は仙台での取材となりました。それではその模様をどうぞ!

バリバリのIT企業なのに、なぜ布ナプキンの事業をされているのかを教えて頂けますか?

それは知らない人にしてみると不思議なことですよね。当社は、代表である岩本が勤務していた大手半導体メーカーを退職し、2007年LSIの第三者検証を専門的に行う会社を設立しました。設立後、女性スタッフだけで新事業が出来ないか?という代表の話が出て、すぐに「布ナプキンをやりたい!」と思いました。

napu

スタッフの皆さんです!

私自身、布ナプキンをずっと使っていて、すごく良いことが多かったので、たくさんの人に勧めたいという思いがありました。また、それまで売られていた布ナプキンはデザインも決まったパターンのモノが多く、一般の方が服や下着を選ぶように布ナプキンを選んで欲しい、そういうニーズに応えることができるなら、たくさんの女性のストレスを解消でき、喜んで頂ける仕事になるのではないかと考えました。

そこで社長を説得し、業界は全く違うけれどそんなに良いもので、まだ知らない人が多いのであればチャレンジしてみなさい!という事で3名の女性スタッフと僅かながらの運転資金からスタートしたんです。

最初は3坪ぐらいの小さなお店を出せればいいなと思っていましたが、仙台ではリアル店舗では難しいだろうという予測と資金がありませんでしたので、比較的少ない予算で始められるネットショップをオープンする事になりました。

一から自分達で事業を始めてどんな感じでしたか?

それはもう……大変でした。当初は、布ナプキンを作っているメーカーさんから仕入れて、色々な布ナプキンを販売しよう!と考えていましたが、在庫をたくさん持てないことや既にある他のお店と何も変わらないし、自分たちが本当にお薦めしたい商品が曖昧になってしまう……とすぐに暗礁に乗り上げました。

napu

可愛いデザインです!

そこで、自分たちの理想とする布ナプキンをつくろうと試着、テストを繰り返しながら、縫製工場に片っ端から電話して、オリジナル商品を作ってもらえないか?と問い合せたんです。最初は全く相手にしてもらえず、専門用語にとまどう日々でした。今考えると、縫製工場の方もすごく困ったと思います。

全く話が通じないので……(笑)写真撮影やページ作成も全て手探り、今見たらすごく恥ずかしいような写真に何時間もかかっていました。本当に何にも知らないところからスタートしたので、勉強になりましたし、何よりも知恵と根性が身に付いたのは大きな利点だったと思っています(笑)

最初始めて3年間は本当に少ししか売れませんでした。毎日悪戦苦闘、頑張っても、頑張ってもなかなかうまくいかず、布ナプキンの良さを伝える術がなく、全力疾走で走っているのに光が見えないような……我々の中では「暗黒時代」と呼んでいる時期です(笑)。

どうやったら手に取らずに布ナプキンの良さや初めての不安を解消して頂けるのか、毎日スタッフで熱い議論を交わしました。本当に濃い3年間でした。今は8年が経過し、スタッフとお客様に支えられて順調に推移しています。スタッフも2007年当時より4倍以上になり、毎日とても賑やかです。

なぜ布ナプキンが女性のカラダにやさしいのかをお話頂けますか?

私自身もそうだったのですが、生理期間の後半になると使い捨てのものを使っていると肌にダメージを受けて、特に肌が弱くなくてもカブれたり、かゆみが出てきます。これは使い捨ての生理用品の場合、中に高分子吸収材というのが入っており、血液(水分)をそのまま生理用品に保持する特性があるので皮膚が蒸れてしまうこと、そして横モレ防止のサイトギャザーなどで更に皮膚が擦れてしまうことにより、肌にダメージを受けやすくなるためです。

napu

様々な種類があり、用途により使い分け出来るようになっています。

布の場合は基本的に皆さんも肌着を身につけていて分かるとおり、綿の特性として吸放湿性があるので汗の水分を吸湿、ムレている水分は蒸発させます。肌触りもよく、変な擦れ方もしないので皮膚へのトラブルが少なくなる方が多いのです。

それから、使って頂いている方からは温かい感覚を感じるとの感想を多数頂いています。布の多重構造ですので、冷え・ムレにくいとも言えます。そういう面で優しいということが出来るかと思います。

どれくらいの枚数が必要でどれくらいの費用がかかりますか?

昼用5枚・夜用3枚ぐらいで使い捨てナプキンと併用される方が多いです。働く女性は夜だけ3枚という方も多いですね。費用は1枚500円~2000円ほどですので、全部で1万円もかかりません。そして、1回買っていただくと3年以上はもちますので、使い捨てよりも経済的にはリーズナブルと言えるかと思います。